モビリティの進化が未来を変える

mirai.Response

mirai.Responseは、CASE・MaaSやスマートシティに関するB向けニュースサイト。
業界のニュースをはじめ、毎月発刊する調査レポート、月に3回程度のオンラインセミナーの開催と動画配信など業界のビジネス情報を発信。

注目の記事

有料会員記事

もっと見る

有料会員記事をもっと見る

RECENT POSTS

日本精工・人事情報 2021年10月1日・11月1日付 画像
ビジネス

日本精工・人事情報 2021年10月1日・11月1日付

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、取締役 代表執行役社長・CEO:市井 明俊)は、2021年10月1日・11月1日付の役員の人事異動について下記の通り発表しました。

自動車会議所、新設の「クルマ・社会・パートナーシップ大賞」の公募開始…産業人やユーザーを表彰 画像
ビジネス

自動車会議所、新設の「クルマ・社会・パートナーシップ大賞」の公募開始…産業人やユーザーを表彰

日本自動車会議所(会長・内山田竹志氏)は9月15日、日刊自動車新聞社との共催による表彰制度「クルマ・社会・パートナーシップ大賞」を創設し、同日から初回となる2021 年度表彰の公募や推薦を始めたと発表した。

アルプスアルパイン・人事情報 2021年9月30日・10月1日付 画像
ビジネス

アルプスアルパイン・人事情報 2021年9月30日・10月1日付

アルプスアルパイン株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役 社長執行役員 CEO:栗山 年弘)は、2021年9月30日・10月1日付人事異動について下記の通り発表しました。

【ゼロカーボン特集】これまでやってきた技術のいいとこ取りを…シェフラージャパン 田中昌一代表取締役 マネージング・ディレクター 画像
テクノロジー

【ゼロカーボン特集】これまでやってきた技術のいいとこ取りを…シェフラージャパン 田中昌一代表取締役 マネージング・ディレクター

各国政府が2050年のカーボンニュートラル社会の実現へ向けた方針を打ち出した。完成車メーカー各社も独自の目標を掲げて取り組みを進める中、サプライヤーに求めるCO2排出量の削減目標もより厳しくなってきている。

「モビリティ=陸上」という固定概念を超える 無人運航船の可能性 画像
ビジネス

「モビリティ=陸上」という固定概念を超える 無人運航船の可能性

Autonomousというと、とかく自動車に目を向けがちだが、「陸上」だけではなく、「海上」でも同様のイノベーションが起きようとしている。「モビリティ=陸上」という固定概念を超えることこそが、モビリティビジネスでのDXを生み出すはずだ。

欧州自動車メーカーが自動駐車を共同開発、BMWは iX で実演…IAAモビリティ2021 画像
テクノロジー

欧州自動車メーカーが自動駐車を共同開発、BMWは iX で実演…IAAモビリティ2021

BMWグループ(BMW Group)はIAAモビリティ2021において、自動バレーパーキングのデモンストレーションを行った。

ソニーが手がける次世代モビリティ、アンシスのシミュレーション最新トレンドとは 画像
テクノロジー

ソニーが手がける次世代モビリティ、アンシスのシミュレーション最新トレンドとは

「Ansys INNOVATION CONFERENCE 2021」で、ソニーグループ川西泉常務、アンシス・ジャパン芳村貴正専務執行役員、清水和夫モデレーターが、「くるまの魅力、モビリティの可能性を探る旅」をテーマに語り合った。

日産、環境省と「国立公園オフィシャルパートナーシップ」締結…自動車産業初 画像
ビジネス

日産、環境省と「国立公園オフィシャルパートナーシップ」締結…自動車産業初

日産自動車は9月14日、環境省と「国立公園オフィシャルパートナーシップ」を締結した。自動車関連企業が環境省と本パートナーシップを締結するのは初めてとなる。

免許返納後の認知症発生を抑止か…近距離モビリティ WHILL 操作における脳の動き 画像
テクノロジー

免許返納後の認知症発生を抑止か…近距離モビリティ WHILL 操作における脳の動き

WHILL社は、近距離モビリティ(次世代型電動車椅子)『WHILL』の操作時と、車の運転時におけるシニアの脳の動きを比較検証する調査に今秋より着手すると発表した。

【池原照雄の単眼複眼】日産とホンダが自動運転車サービスの公道実験…交通の“空白”を埋める事業化に期待 画像
テクノロジー

【池原照雄の単眼複眼】日産とホンダが自動運転車サービスの公道実験…交通の“空白”を埋める事業化に期待

自動運転車両によるモボリティサービスの実用化に向けた実証実験が今月、日本の自動車メーカー2社によって始まる。日産自動車が横浜市、ホンダが栃木県の宇都宮市および芳賀町で着手するもので、いずれも公道での実験だ。

【ベンガルール通信 その9】“自転車文化”背景に、「シェアサイクル」が欠かせない存在に 画像
社会

【ベンガルール通信 その9】“自転車文化”背景に、「シェアサイクル」が欠かせない存在に

道が広くなり往来が増えるのと相前後して最近、目に見えて自転車も増えている。特に週末、老舗の朝食スポットには、見本市さながらにカラフルな車両が並ぶ。

「待ち時間にも観光を」高速バスの発着ラウンジで電動キックボードをレンタル 画像
ビジネス

「待ち時間にも観光を」高速バスの発着ラウンジで電動キックボードをレンタル

株式会社平成エンタープライズは、同社が運行する高速バス「VIPライナー」が発着する「VIPラウンジ」で電動キックボードのレンタルを始めた。

VWの新世代EV、「ID.」シリーズ…無線ソフト更新を全モデルに拡大 画像
テクノロジー

VWの新世代EV、「ID.」シリーズ…無線ソフト更新を全モデルに拡大

◆小型EVの『ID.3』で最初に無線更新を開始 ◆電動SUVの『ID.4』などに無線更新を拡大 ◆将来はソフト更新で新機能や新技術の後付けを可能に

三菱ふそうトラック・バス・人事情報 2021年9月10日付 画像
ビジネス

三菱ふそうトラック・バス・人事情報 2021年9月10日付

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック)は、子会社の架装・改造メーカー・株式会社パブコ(本社:神奈川県海老名市)の2021年9月10日付の役員人事について下記の通り発表しました。

「IAAモビリティ2021」に脱炭素社会の未来を見ることはできたか? 画像
ビジネス

「IAAモビリティ2021」に脱炭素社会の未来を見ることはできたか?

ドイツミュンヘンで開催された「IAAモビリティ2021」が閉幕した。脱炭素や電動化に湧くEU市場で、新しいモーターショーはどう変貌を遂げたのか。盛り上がりはどうだったのか。現地取材ならではの視点で全体の特徴をまとめたい。

VW、次世代バッテリー生産へ…電池の研究開発施設を開所 画像
テクノロジー

VW、次世代バッテリー生産へ…電池の研究開発施設を開所

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は9月13日、新しいバッテリー研究開発施設をドイツ・ザルツギッターに開所した、と発表した。

空⾶ぶクルマのナビシステム「AirNavi」が三重県「クリ“ミエ”イティブ実証サポート事業」実証実験に採択へ 画像
ビジネス

空⾶ぶクルマのナビシステム「AirNavi」が三重県「クリ“ミエ”イティブ実証サポート事業」実証実験に採択へ

「空⾶ぶクルマ」のプラットフォーム事業を⼿掛けるエアモビリティ株式会社が手掛ける「『空⾶ぶクルマ』のナビゲーションシステム『AirNavi』のドローンを使⽤した実証実験」が三重県の「クリ“ミエ”イティブ実証サポート事業」第1期公募に事業採択された。

住友電気工業・人事情報 2021年9月16日付 画像
ビジネス

住友電気工業・人事情報 2021年9月16日付

住友電気工業株式会社(本社:大阪市中央区、社長:井上 治)は、2021年9月16日付の人事異動について下記の通り発表しました。

ENEOS、FCV向けにCO2フリー水素を供給するサプライチェーン構築…ペトロナスと提携 画像
テクノロジー

ENEOS、FCV向けにCO2フリー水素を供給するサプライチェーン構築…ペトロナスと提携

ENEOSは9月10日、燃料電池車(FCV)などにCO2フリー水素を供給するため、マレーシア国営石油会社ペトロナスの完全子会社PGNESBと、CO2フリー水素のサプライチェーン構築に向けて協業を検討することで合意したと発表した。

スマートシティにおける新たなモビリティの法律上のチェックポイントとは…西村あさひ法律事務所[インタビュー] 画像
セミナー

スマートシティにおける新たなモビリティの法律上のチェックポイントとは…西村あさひ法律事務所[インタビュー]

スーパーシティ法が施行され、いよいよスマートシティを社会実装する段階がやってくる。モビリティはスマートシティ実現のカギとなる。

最新記事をもっと見る