モビリティの進化が未来を変える

車載ソフトウェア開発を手掛けるミックウェアが、トヨタ自動車と資本提携

株式会社ミックウェアは、同社の車載ソフトウェア開発事業の強化・発展のため、2020年12月1日付けでトヨタ自動車株式会社と資本提携を結んだ。

ビジネス 企業
車載ソフトウェア開発を手掛けるミックウェアが、トヨタ自動車と資本提携
  • 車載ソフトウェア開発を手掛けるミックウェアが、トヨタ自動車と資本提携

株式会社ミックウェアは、同社の車載ソフトウェア開発事業の強化・発展のため、2020年12月1日付けでトヨタ自動車株式会社と資本提携を結んだ。

ミックウェアは、国内シェア15%強に当たる年間約60万台を出荷するカーナビ事業「naviAZ」、「車載LAN」など車載プラットフォーム事業「micAuto」、「位置情報サービス」事業 「Beatrip」を手掛ける。同社によると、自動車業界全体が「100年に一度の大変革の時代」にあるといわれる中、業界各社は、CASE(コネクティッド化、自動運転化、シェアリング化、EV化)への対応と未来のモビリティ社会の形成を目指し、新規技術・サービスの開発を行っており今回、トヨタ自動車株式会社から出資を受け、資本提携を行ったことで、これまで蓄積してきた車載ソフトウェア開発の実績・経験・ノウハウと、高度技術を有する豊富な人材を活用し、モビリティ社会の形成に向けた新規技術開発とお出かけを「便利に」「楽しく」「安全に」することができる新規サービスの創出を目指すとしている。

《中島 丈晴》

編集部おすすめの記事

特集