モビリティの進化が未来を変える

【調査レポート】With/Afterコロナ時代の自動車への期待・新しい可能性~自動車ニーズ調査~

With/Afterコロナ時代の自動車への期待・新しい可能性~自動車ニーズ調査~

調査レポート その他
【調査レポート】With/Afterコロナ時代の自動車への期待・新しい可能性~自動車ニーズ調査~
  • 【調査レポート】With/Afterコロナ時代の自動車への期待・新しい可能性~自動車ニーズ調査~
  • 【調査レポート】With/Afterコロナ時代の自動車への期待・新しい可能性~自動車ニーズ調査~
  • 【調査レポート】With/Afterコロナ時代の自動車への期待・新しい可能性~自動車ニーズ調査~
  • 【調査レポート】With/Afterコロナ時代の自動車への期待・新しい可能性~自動車ニーズ調査~

【プレミアム会員限定】調査レポートダウンロードはこちら

レポートタイトル

With/Afterコロナ時代の自動車への期待・新しい可能性~自動車ニーズ調査~

調査概要

目的:Withコロナ時代となった今、自動車の価値はどのように変化していくのか、継続的に調査を行い明らかにする

調査手法:インターネット調査(日本全国)

調査時期:2020年7月3日-9日

有効回答数:N=2154s性年代均等に回収

対象者条件 年齢:20~69歳 動車を保有(車型・年式・運転頻度は問わず)

発刊日

2020年9月11日

ページ数

PDFファイルA4全69ページ

販売価格

180,000円※プレミアム会員は無料

調査結果サマリー

■今後の理想的な移動手段はマイカーが5割

今後の理想的な移動手段を尋ねたところ、通勤・通学時では「公共交通機関」が18.8%と依然として高い傾向となりましたが、「マイカー」が54.7%と半数を超える結果となり非常に高い結果となりました。

また用足しやレジャーなどの外出時においては「マイカー」需要が77.2%とさらに高くなりました。日常的に外出しなければならない状況において、マイカーの安心感は非常に価値が高くなり、クルマ移動へシフトする可能性を秘めていると考えられます。

■リモートワーク経験者のうち85%は何かしらの困りごとあり

テレワーク経験者に、テレワーク中に困ったことを聞いたところ、「仕事とプライベートの切り分けが難しい(42.6%)」、「肩こり腰痛などの健康面に影響がある(27.7%)」、「家族・同居者の存在で仕事に集中できない(22.9%)」という結果となりました。困ったことがないのは少数(14.9%)で、なにかしらテレワークを行う上で困りごとが発生しています。

■若年層ほど、今までにない“クルマの空間活用”に対する意向が高い傾向に

今後、マイカーで出来たらいいなと思うことを聞いてみたところ、若年層ほど、今までにない“クルマの空間活用”に対する意向が高い傾向が見られました。 Afterコロナ時代では、単なる移動手段としてではなく付加価値をつけてアピールすることが重要になってくるかと考えられます。

■目次

レポートの目次は以下となります。

調査レポートのダウンロード

プレミアム会員は以下から、調査レポートのダウンロードが可能です。

【プレミアム会員限定】調査レポートダウンロードはこちら

《mirai.Response編集部》

特集