モビリティの進化が未来を変える

ダイムラー、メルセデスベンツに社名変更へ…ダイムラートラックは分社化

ダイムラー(Daimler)は2月3日、近い将来、社名を「メルセデスベンツ」に変更することを決定した、と発表した。

ビジネス 自動車産業
ダイムラーのドイツ本社
  • ダイムラーのドイツ本社
  • メルセデスベンツAクラス新型
  • メルセデスベンツ Bクラス 新型
  • メルセデスベンツ GLE クーペ 新型
  • メルセデスベンツ・アクトロス
ダイムラー(Daimler)は2月3日、近い将来、社名を「メルセデスベンツ」に変更することを決定した、と発表した。

今回の発表は、ダイムラーによる傘下の「ダイムラートラック」の分社化計画と密接な関係がある。ダイムラーは、ダイムラートラックを完全に独立した企業とし、ドイツのフランクフルト証券取引所に2021年内をメドに、株式を上場することを目指している。

これにより、現在のダイムラーは、メルセデスベンツ乗用車&バンが主体の企業になる。これを受けて、近い将来、ダイムラーは社名をメルセデスベンツに変更することを決定した。

メルセデスベンツは今後、世界有数の高級車企業として、電動パワートレインと車載ソフトウェアの開発の加速に取り組んでいく。

ダイムラーとメルセデスベンツの取締役会のオラ・ケレニウス会長は、「メルセデスベンツは世界で最も価値のある高級車ブランドであり、目の肥えた顧客に最も望ましい車を提供していく。ダイムラートラックは、業界をリードする輸送ソリューションとサービスを顧客に提供していく」と述べている。
《森脇稔》

特集