モビリティの進化が未来を変える

地域で実施しているETC2.0活用取り組み、国交省で議論へ

国土交通省は2月15日、各地方ブロックで実施しているETC2.0を活用した地域交通マネジメントを中心とした取り組みについて議論するため、2月17日に地域道路経済戦略研究会を開催すると発表した。

社会 政策
研究会の主な取組
  • 研究会の主な取組
  • 地域道路経済戦略研究会の委員
国土交通省は2月15日、各地方ブロックで実施しているETC2.0を活用した地域交通マネジメントを中心とした取り組みについて議論するため、2月17日に地域道路経済戦略研究会を開催すると発表した。

国土交通省では、ICTやビッグデータを活用した新たな道路政策を導入するため「地域道路経済戦略研究会」を設置して、全国で産学官による取り組みを進めている。

今回、2月17日に研究会を開いて、北海道、東北、関東、北陸、中部、近畿、中国、四国、九州、沖縄の各ブロックで実施しているETC2.0を活用した地域交通マネジメントを中心とした取り組みについて議論する。

同研究会では、新たなシェアリングシステム創出や公共交通機関との連携強化、道路関連データの体系化、マルチモーダル道路空間マネジメントのためのプラットフォーム構築などを検討している。
《レスポンス編集部》

特集