モビリティの進化が未来を変える

NEDO、CO2排出ゼロで水素製造する研究開発委託先を公募

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2月17日、水素利用等先導研究開発事業を受託する企業を公募すると発表した。

テクノロジー 新エネルギー車
水素利用等先導研究開発事業の概要
  • 水素利用等先導研究開発事業の概要
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2月17日、水素利用等先導研究開発事業を受託する企業を公募すると発表した。

水素利用等先導的研究開発事業は、2040年以降という長期的視点で、水素などの「カーボンフリーなエネルギーの新たな選択肢」としての地位確立に向けて研究開発するもの。

今回公募するのは、水素の長距離輸送・貯蔵を容易にするためのエネルギーキャリア技術の開発、炭化水素などを活用した二酸化炭素を排出しない水素製造技術開発、水電解水素製造技術高度化のための基盤技術研究開発について。

事業期間は2021年度から2022年度。公募締め切りは3月10日。
《レスポンス編集部》

特集