モビリティの進化が未来を変える

◆終了◆3/25【オンラインセミナー】オープン標準化と車載エレクトロニクスビジネス~AUTOSAR標準を題材に~

株式会社イードと自動車問題研究会は、オンラインセミナー「オープン標準化と車載エレクトロニクスビジネス~AUTOSAR標準を題材に~」を3月25日(木)に開催します。

セミナー CASEセミナー
◆終了◆3/25【オンラインセミナー】オープン標準化と車載エレクトロニクスビジネス~AUTOSAR標準を題材に~
  • ◆終了◆3/25【オンラインセミナー】オープン標準化と車載エレクトロニクスビジネス~AUTOSAR標準を題材に~

株式会社イードと自動車問題研究会は、オンラインセミナー「オープン標準化と車載エレクトロニクスビジネス~AUTOSAR標準を題材に~」を3月25日(木)に開催します。

本セミナーは参加費1名につき33,000円(税込)ですが、mirai.Responseのプレミアム会員(月額9,000円)に加入いただいている方は無料ご招待いたします。登録者には申込締切後に視聴のためのご案内をお送りします。

-----------------------------------------

開催日時:2021年3月25日(木)17:00~19:00

申込締切:2021年3月23日(火) 12:00

参加費:1名につき 33,000円(税込み)

-----------------------------------------

「株式会社イード・自動車問題研究会共催オンラインセミナー」Vol.6

自動車問題研究会(自問研)は、自動車産業を取り巻く様々な問題・課題について広い視野に立って勉強し、お互いの交流を図ることを目的とした任意団体で昨年50周年を迎えました。現在、会員は主要自動車メーカー、サプライヤー各社、銀行、証券、調査会社、大学、研究機関などから200名超となります。年会費8万円で、年間8回のセミナーに参加ができ、工場見学&新車試乗会、モーターショー見学会や、懇親会、忘年会では、セミナーの講師と会員同士の交流、情報交換を活発に行っております。

詳細お問合せはこちらから

プログラム

講師:筑波大学 ビジネスサイエンス系教授 立本 博文 氏

コメンテーター:学習院大学 経済学部 教授/京都大学 名誉教授 武石 彰 氏

ITエレクトロニクス産業では、1990年代以降オープン標準化は当たり前の動きとして捉えられ、オープン標準にまつわる様々なテクニックが磨かれてきた。しかし、自動車業界ではオープン標準は車載エレクトロニクスのみが関係する小さい問題として扱われてきた。このため、移動体通信の標準必須特許のライセンスの問題など、ITエレクトロニクスとの接点で大きな問題が起きている。また、日本の自動車産業側のオープン標準への理解不足のため、どのような戦略的見地から、オープン標準を捉えたら良いのか、ということに混乱を生じている。本発表では、歴史的な事例であるAUTOSAR標準を題材に、オープン標準の経営的意味について考える。

1. オープン標準は、ITエレクトロニクス業界では当たり前。自動車業界では稀。

2. 日本の自動車業界は圧倒的にオープン標準の経験が不足。

3. そのため、どのように経営的に対処したらいいか、いまだ迷っている。

4. その一例は、近年の移動体通信の標準必須特許(SEP)の紛争。

5. ただし、標準化戦略の文脈では、SEPは小さな問題。もっと大きなビジネスモデルの話がある。

6. 歴史的なAUTOSAR標準の事例を題材に、オープン標準とビジネスモデルについて考える。

7. 質疑応答

<インタビュー>

決まってからでは遅い、AUTOSARにみるオープン標準戦略…筑波大学 教授 立本博文氏

プロフィール

<1>立本 博文(たつもと ひろふみ)氏
筑波大学 ビジネスサイエンス系 教授

博士(経済学/東京大学)。東京大学ものづくり経営研究センター助教、兵庫県立大学経営学部准教授、MIT客員研究員、筑波大学ビジネスサイエンス系准教授を経て現職。
所属学会:組織学会(『組織科学』編集委員)、国際ビジネス研究学会(『国際ビジネス研究』編集委員)、多国籍企業学会、研究イノベーション学会(『研究技術計画』編集委員)、日本知財学会(理事)
著書:『オープン・イノベーション・システム-欧州における自動車組込みシステムの開発と標準化』(晃洋書房, 2011, 共著)『プラットフォーム企業のグローバル戦略:オープン標準の戦略的活用とビジネス・エコシステム』総頁数414ページ, 有斐閣(2017年3月)など

<2>武石 彰(たけいし あきら)氏
学習院大学 経済学部 教授/京都大学 名誉教授

1982年東京大学教養学部卒、1990年マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院修士課程修了、修士号取得、1998年マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院博士課程修了、Ph.D.取得。株式会社三菱総合研究所(1982~1994年)、一橋大学イノベーション研究センター助教授・教授(1998~2008年)、京都大学大学院経済学研究科教授(2008~2020年)を経て、2020年より現職。フランス国立社会科学高等研究院(EHESS)客員研究員(2015~2016年)。専門は、技術経営、経営戦略、経営組織。主な著作:『分業と競争』(有斐閣)、『ビジネス・アーキテクチャ』(共編著)(有斐閣)、『イノベーションの理由』(共著)(有斐閣)など。

共催

株式会社イード・自動車問題研究会

オンラインセミナー概要

・Microsoft Teamsを使用したライブ配信です。アカウント無でもPC、タブレット、スマホなどから視聴可能です。
・セミナー中は音声での会話はできません。webで質問を記入して講師に質問ができます。
・開催前日の夕刻にお申込いただいたメールアドレス宛に視聴用のURL、PDF資料、質問記入先をお送りいたします。

注意事項

・オンラインセミナーは、インターネット経由でのライブ中継ですので、回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合があり、また、状況によっては、講義を中断し、再接続して再開する場合があります。
・万が一、インターネット回線状況や設備機材の不具合により、開催を中止する場合があります。この場合、受講料の返金や、状況により後日録画を提供すること等で対応させていただきます。

連絡先

お問い合わせはこちらから

《mirai.Response編集部》

特集