モビリティの進化が未来を変える

三菱ふそう、インドネシアと台湾でトップシェアを維持 2020年

三菱ふそうトラック・バスは3月3日、ふそうブランドのトラックおよびバスが2020年に海外最大市場であるインドネシアと台湾でトップシェアを維持したことを発表した。

ビジネス 自動車産業
新型小型トラック「キャンターPRO 5」の導入により台湾ではふそうがトップシェアを継続
  • 新型小型トラック「キャンターPRO 5」の導入により台湾ではふそうがトップシェアを継続
  • インドネシア市場の中型部門での好成績に貢献した「ファイター」
三菱ふそうトラック・バスは3月3日、ふそうブランドのトラックおよびバスが2020年に海外最大市場であるインドネシアと台湾でトップシェアを維持したことを発表した。

国際経済が新型コロナウイルス感染症の打撃を受け、トラックやバスの需要は全主要市場で軒並み落ち込んでおり、インドネシアでも市場規模は2019年比で48.3%減となった。このような状況の中、ふそうはインドネシア市場で48.1%のトップシェアを維持し、前年からシェアをさらに拡大した。小型トラック『コルトディーゼル』のマーケットシェアが58%を記録したことなどが貢献。中型トラックも『フソウ』と『ファイター』がシェア22.4%を占め好成績だった。

台湾では、2020年のふそうブランドの市場シェアは32.2%となり、29年連続でトップシェアを維持した。インドネシアに続く規模の輸出市場である台湾では、政府による効果的な措置により、新型コロナウイルス感染症の拡大の抑止に成功。そのため現地の産業活動は比較的安定して推移し、商用車の需要減退は抑えられ、小型部門ではふそうがトップを維持した。2020年の台湾市場では、販売台数が7000台を超えた商用車ブランドはふそうのみ。新型小型トラック『キャンターPRO 5』の販売好調などが要因だ。最終的にふそうは同国の小型トラック市場のシェア38.1%を占めた。

台湾とインドネシアにおける好業績に加え、2020年には大多数の重要輸出市場でシェアが拡大した。世界的な景気後退により販売台数は全体として減少した一方、欧州ではシェアを前年から7%近く伸ばして26%となり、オーストラリアでは2019年から1.6ポイント増の13.1%となるなど、主要市場で好調な業績を達成した。欧州では、MFTBCは小型車の販売に注力しており、都市封鎖やソーシャルディスタンスの中、「ラストワンマイル」配送のニーズなどが追い風となった。またケニア(27.7%)、シンガポール(19.1%)、ニュージーランド(14.8%)などの重点市場でもシェアを拡大した。
《纐纈敏也@DAYS》

特集