モビリティの進化が未来を変える

ニーリーの月極駐車場オンライン契約サービス「Park Direct」が東京海上日動火災保険と連携 放置車両対応保険の提供開始

月極駐車場オンライン契約サービス「Park Direct」を運営する株式会社ニーリーは、東京海上日動火災保険株式会社と連携し、不動産管理会社向けに放置車両の撤去に伴う各種費用を補償する「Park Direct 放置車両対応保険」の提供を始めた。

ビジネス MaaSサービス
ニーリーの月極駐車場オンライン契約サービス「Park Direct」が東京海上日動火災保険と連携 放置車両対応保険の提供開始
  • ニーリーの月極駐車場オンライン契約サービス「Park Direct」が東京海上日動火災保険と連携 放置車両対応保険の提供開始
  • ニーリーの月極駐車場オンライン契約サービス「Park Direct」が東京海上日動火災保険と連携 放置車両対応保険の提供開始
  • ニーリーの月極駐車場オンライン契約サービス「Park Direct」が東京海上日動火災保険と連携 放置車両対応保険の提供開始

月極駐車場オンライン契約サービス「Park Direct(パークダイレクト)」を運営する株式会社ニーリーは、東京海上日動火災保険株式会社と連携し、同サービスを利用する不動産管理会社向けに、放置車両の撤去に伴う各種費用を補償する「Park Direct 放置車両対応保険」の提供を始めた。

「Park Direct」は、月極駐車場の募集から契約業務、契約後の月額使用料の収納代行や保証、顧客管理まですべてをオンラインで実現する不動産業界特化型のバーティカルSaaSで、2021年2月には、全国で120社以上、12万台が導入し、オンライン契約可能な駐車場掲載台数は、2021年3月17日現在39,237台となっている。2020年9月には賃料保証サービスの提供、2020年12月にはシェアリングサービスとの連携を始め、今回、以前から要望の多かったという「放置車両への対応業務」をカバーするため、「Park Direct 放置車両対応保険」の提供を始めた。

「Park Direct 放置車両対応保険」は、「Park Direct」経由で月極駐車場を契約した車両が、管理規定に定めた最大駐車期限を超過し「長期滞留車(放置車両)」となった際に、当該車両と積載物を廃棄するまでに生じた各種費用を保険金として支払う保険で、放置車両となった場合、東京海上日動火災保険株式会社が信用調査会社と連携し、車両の確認(写真撮影・警告書の提示、警察への盗難等の照会)や、直接アプローチ(警告及び撤去要請、直接訪問・車両関係者との折衝、撤去要請及び『処分依頼書』の取得)、車両撤去・解体処理(レッカー移動+一時保管、車両解体処理費用)、報告書提出(業務開始から撤去に至るまでの調査報告書)を行う。

今後、ニ―リーが保有している自動車にまつわる各種データと、東京海上日動火災保険グループのケイパビリティを活用し、自動車保険の新たな募集スキームの構築を検討していくという。

【株式会社ニーリー 概要】
社名:株式会社ニーリー
所在地:東京都中央区日本橋富沢町10-13 WORK EDITION NIHONBASHI2F
設立:2013年1月29日
資本金:109,999,926円(2021年1月現在。資本準備金含む)
事業内容:月極駐車場オンライン契約サービス「Park Direct」の運営
ホームページ:https://www.nealle.com

《中島 丈晴》

編集部おすすめの記事