モビリティの進化が未来を変える

メルセデスベンツのトラック、巻き込み事故防止警告に自動ブレーキ追加…6月から欧州で

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は3月29日、欧州向けの大型トラックに2021年6月から、最新の先進運転支援システム(ADAS)を設定すると発表した。

調査レポート CASEレポート
メルセデスベンツ・アクトロス の「アクティブサイドガードアシスト」
  • メルセデスベンツ・アクトロス の「アクティブサイドガードアシスト」
  • メルセデスベンツ・アクトロス の「アクティブサイドガードアシスト」
  • メルセデスベンツ・アクトロス の「アクティブサイドガードアシスト」
  • メルセデスベンツ・アクトロス の「アクティブサイドガードアシスト」
メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は3月29日、欧州向けの大型トラックに2021年6月から、最新の先進運転支援システム(ADAS)を設定すると発表した。

『アクトロス』に設定される「サイドガードアシスト」は2021年6月から、新しい「アクティブサイドガードアシスト」に進化する。現行のサイドガードアシストは、助手席側の死角に入った歩行者や自転車の存在を、ドライバーに警告する。アクティブサイドガードアシストはこれに加えて、ドライバーが警告音に反応しない場合、自動ブレーキを作動させて、車両を停止させることができる。

アクティブサイドガードアシストは、ステアリングホイールの角度から、システムの必要性を判断し、衝突を防ぐ。メルセデスベンツのトラックは、アクティブブレーキ機能を備えたシステムを世界で初めて設定し、車両の旋回時の事故による死傷者を減らしていく。

また、2021年6月から選択できる最新世代の「ADA2」では、ドライバーに健康上の問題が発生し、運転動作に長時間関与していないと車両が判断した場合、緊急停止を行う。システムはまず、視覚信号と音響信号を介して、ドライバーに手をステアリングホイールに置くことを求める。

しかし、ドライバーが60秒以内に応答しない場合、システムは警告を発した後、トラックが安全に停止するまでブレーキをかける。そして、ハザードライトを使用して他の車両に警告し、車線内で停止する、としている。
《森脇稔》

特集