モビリティの進化が未来を変える

2021年4月の記事まとめ一覧

米ホンダ、次世代インテリアのスケッチ公開… シビック 新型に初採用の見通し 画像
自動車産業

米ホンダ、次世代インテリアのスケッチ公開… シビック 新型に初採用の見通し

◆ホンダが掲げる「M・M」思想の新たなアプローチ ◆細いピラーや高さを抑えたダッシュボードでドライバーの視認性を追求 ◆フラットボトムステアリングにデジタルメーター

日野、10年ぶりの最終赤字も収益改善進み想定より赤字幅縮小 2021年3月期決算 画像
自動車産業

日野、10年ぶりの最終赤字も収益改善進み想定より赤字幅縮小 2021年3月期決算

日野自動車が4月27日に発表した2021年3月期連結決算は、新型コロナの影響により全世界で販売が減少したことに加えて、北米2工場の生産停止に伴う特別損失を計上したことで、当期損失が74億円と10年ぶりの赤字となった。

これからの公共交通は移動ニーズに基づいた「マーケットイン型」、スマートドライブと静岡県松崎町が共同プロジェクト継続へ 画像
コネクテッド

これからの公共交通は移動ニーズに基づいた「マーケットイン型」、スマートドライブと静岡県松崎町が共同プロジェクト継続へ

スマートドライブは4月27日、静岡県松崎町と共同実施してきた走行データを活用した「これからの公共交通のあり方」を検討するプロジェクトについて、2021年度も継続実施すると発表した。

スバルの世界生産台数21.4%減、コロナ禍と半導体不足が影響 2020年度実績 画像
新エネルギー車

スバルの世界生産台数21.4%減、コロナ禍と半導体不足が影響 2020年度実績

SUBARU(スバル)は4月28日、2020年度(2020年4月~2021年3月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年度比21.4%減の80万9895台で、2年ぶりのマイナスとなった。

トヨタ自動車、「カーボンニュートラル先行開発センター」を新設 画像
CASEレポート

トヨタ自動車、「カーボンニュートラル先行開発センター」を新設

トヨタ自動車は4月28日、各領域で行われている環境技術開発の資源を集約して「カーボンニュートラル先行開発センター」を新設すると発表した。

トヨタなど自動車メーカー5社、次世代車載通信機を共同開発へ 画像
自動車産業

トヨタなど自動車メーカー5社、次世代車載通信機を共同開発へ

トヨタ自動車、マツダ、スズキ、SUBARU(スバル)、ダイハツの5社は4月27日、より安全で快適なコネクティッドサービスの早期提供に向け、次世代車載通信機の技術仕様の共同開発に合意したと発表した。

VW、「インダストリアル・クラウド」拡大へ…安全なデータ交換を目指すアライアンスに参加 画像
コネクテッド

VW、「インダストリアル・クラウド」拡大へ…安全なデータ交換を目指すアライアンスに参加

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は4月26日、自動車業界において、安全な企業間データ交換を目指すアライアンス、「Catena-X」に参加した、と発表した。

医療崩壊危機のインド、酸素不足でスズキの現地工場も一時停止[新聞ウォッチ] 画像
自動車産業

医療崩壊危機のインド、酸素不足でスズキの現地工場も一時停止[新聞ウォッチ]

新型コロナウイルスの1日の感染者数が30万人を超すハイペースのインドで、救命医療用の酸素が不足しているという。3月後半から変異株などの感染が急拡大し、酸素が足りずに死亡する人が増加しており、医療崩壊が深刻な問題となっているそうだ。

リマックのEVハイパーカー、『C_Two』が加速テスト…量産車世界最速なるか 画像
新エネルギー車

リマックのEVハイパーカー、『C_Two』が加速テスト…量産車世界最速なるか

◆ポルシェが24%を出資するリマック ◆最高速412km/hを可能に ◆カーボン製モノコックで車両重量は1950kgに ◆メイト・リマックCEOが加速テスト

ルノー、欧州新車販売に占める電動車の割合を90%に 2030年 画像
新エネルギー車

ルノー、欧州新車販売に占める電動車の割合を90%に 2030年

ルノーグループ(RenaultGroup)は4月26日、CO2排出量を削減する取り組みの一環として、2040年に欧州で、2050年に全世界で、カーボンニュートラルを達成する目標を発表した。

村田製作所取締役、「半導体不足で上期にクルマの生産台数ベースで200万台の影響が出る」 画像
自動車産業

村田製作所取締役、「半導体不足で上期にクルマの生産台数ベースで200万台の影響が出る」

村田製作所の業績が絶好調だ。4月28日に発表した2021年3月期連結決算は、売上高が1兆6301億円(前期比6.3%増)、営業利益が3132億円(同23.7%増)、当期純利益が2370億円(同29.5%増)と増収増益を達成し、いずれも過去最高を更新した。

定額カルモくん、住宅ローンのARUHIと業務提携 新しい家とクルマのある暮らしを支援 画像
MaaSサービス

定額カルモくん、住宅ローンのARUHIと業務提携 新しい家とクルマのある暮らしを支援

月額定額カーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」を運営するナイルは、住宅ローンのARUHI(アルヒ)と業務提携契約を締結し、5月よりサービス提供を開始する。

上海モーターショー2021が「抱き寄せる」新たな変化 画像
自動車産業

上海モーターショー2021が「抱き寄せる」新たな変化

2010年代、その牽引役となってきたのは間違いなく中国市場だ。大規模な補助金政策を取り、電池メーカーやEVメーカーの投資を奨励し、2020年にはコロナ禍にもかかわらずEV/PHVで年間136万台の市場規模にまで達した。

トヨタ・ウーブンプラネット、米国配車サービス会社の自動運転部門を買収 画像
自動運転

トヨタ・ウーブンプラネット、米国配車サービス会社の自動運転部門を買収

トヨタグループでソフトウェアを中心としたモビリティの開発を担うウーブン・プラネット・ホールディングスは4月27日、米国で配車サービスを展開するリフト社の自動運転部門「レベル5」を約5億5000万米ドル(約594億円)で買収すると発表した。

EVテスラ、純利益が27倍と伸びて過去最高に 2021年第1四半期決算 画像
新エネルギー車

EVテスラ、純利益が27倍と伸びて過去最高に 2021年第1四半期決算

テスラ(Tesla)は4月26日、2021年第1四半期(1~3月)決算を発表した。

自動運転バスにおける保安要員を撤廃…茨城県境町のボードリー 画像
自動運転

自動運転バスにおける保安要員を撤廃…茨城県境町のボードリー

ソフトバンクの子会社で、自動運転サービスを手掛けるBOLDLY(ボードリー)は4月27日、同社が運行業務を担う茨城県の境町での自動運転バスにおいて、運転手を補助する保安要員の配置を 2021年4月から撤廃したことを発表した。

ボッシュ、eモビリティに大規模な追加投資…2021年に7億ユーロ 画像
新エネルギー車

ボッシュ、eモビリティに大規模な追加投資…2021年に7億ユーロ

ボッシュ(Bosch)は4月22日、2021年の1年だけでeモビリティ=電動ドライブシステムに対する大規模な追加投資を7億ユーロ(約910億円)行うと発表した。

ルイガノがミニベロのeバイクを発売へ---シマノ電子変速システムを搭載、価格は27万2800円 画像
新エネルギー車

ルイガノがミニベロのeバイクを発売へ---シマノ電子変速システムを搭載、価格は27万2800円

ルイガノ日本総販売代店のあさひは、新型eバイク(=電動アシスト自転車)『イーゼル・インター5E Di2』を5月初旬より発売する。

日本電産・人事情報 2021年5月1日付 画像
企業

日本電産・人事情報 2021年5月1日付

日本電産株式会社(本社:京都市南区、代表取締役社長執行役員:関 潤)は、2021年5月1日付の役員等の異動について下記の通り発表しました。

住友電気工業・人事情報 2021年5月1日付 画像
企業

住友電気工業・人事情報 2021年5月1日付

住友電気工業株式会社(本社:大阪市中央区、社長:井上 治)は、2021年5月1日付の人事異動について下記の通り発表しました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 最後
Page 1 of 18