モビリティの進化が未来を変える

ボルボ、高速道路での自動運転トラック共同開発へ…戦略的提携を発表

ボルボグループ(Volvo Group)は3月30日、自動運転技術の開発を加速させるために、オーロラ・イノベーション(以下、オーロラ)との間で戦略的提携を締結した、と発表した。

テクノロジー 自動運転
ボルボの自動運転トラック
ボルボグループ(Volvo Group)は3月30日、自動運転技術の開発を加速させるために、オーロラ・イノベーション(以下、オーロラ)との間で戦略的提携を締結した、と発表した。

オーロラは2017年、米国に設立された。シリコンバレーを拠点に、自動運転技術の開発を手がけており、ソフトウェア、ハードウェア、データサービスを統合して、乗用車、小型商用車、大型トラックの自動運転を可能にするプラットフォーム、「オーロラドライバー」を開発している。

ボルボグループは自動運転技術の開発を加速させるために、オーロラとの間で戦略的提携を締結した。この戦略的提携ではまず、北米市場向けに、自動運転の輸送ソリューションを開発していく。

戦略的提携では、ボルボの大型トラックにオーロラドライバーを搭載し、業界をリードする「Transport as aService」ソリューションを開発することに重点を置く。これらのソリューションは、ボルボのトラックの安全性と、オーロラの自動運転システムの開発におけるノウハウをベースにする、としている。
《森脇稔》

特集