モビリティの進化が未来を変える

外国メーカー車モデル別販売、MINIが5年連続トップ 2020年度

日本自動車輸入組合が4月6日発表した2020年度(2020年4月~2021年3月)の外国メーカー車モデル別新車登録台数は、『MINI』が5年連続でトップとなった。

ビジネス 自動車産業
MINI
  • MINI
  • メルセデスベンツ Aクラスセダン
  • VW T-ロック
  • BMW 3シリーズ・ツーリング
  • ボルボV60クロスカントリー
日本自動車輸入組合が4月6日発表した2020年度(2020年4月~2021年3月)の外国メーカー車モデル別新車登録台数は、『MINI』が5年連続でトップとなった。

MINIの登録台数は前年度比6.4%減の2万0837台で、前年度実績を下回ったものの、2位を大きく引き離してトップを堅持した。2位は前年4位だったメルセデスベンツ『Aクラス』で8723台だった。3位がフォルクスワーゲン『T-クロス』で、初めてトップ10入りした。4位はBMW3シリーズで8149台となり、2位から4位まで僅差だった。

MINIを除いて全体的に前年度まで上位だったモデルがランクダウンした。前年度にトップ10入りしていたアウディ『A3』シリーズ、メルセデスベンツ『Bクラス』はランク外となった。

1位:MINI 2万0837台
2位:メルセデスベンツAクラス 8723台
3位:フォルクスワーゲンT-クロス 8641台
4位:BMW3シリーズ 8194台
5位:ボルボ60シリーズ 7376台
6位:フォルクスワーゲン・ゴルフ 6984台
7位:フォルクスワーゲン・ポロ 6970台
8位:ボルボ40シリーズ 6424台
9位:ジープ・ラングラー 6221台
10位:メルセデスベンツCクラス 6170台
《レスポンス編集部》

特集