モビリティの進化が未来を変える

豊田通商、水素燃料電池関連事業を強化…エノアに出資

豊田通商は4月13日、次世代燃料として有望視されている水素を活用した再生可能エネルギーのサプライチェーン構築を目的に、水素燃料電池と水電解システムの設計・製造などを手掛けるエノアに出資したと発表した。

調査レポート CASEレポート
定置式燃料電池
  • 定置式燃料電池
  • 燃料電池のサプライチェーンのイメージ
豊田通商は4月13日、次世代燃料として有望視されている水素を活用した再生可能エネルギーのサプライチェーン構築を目的に、水素燃料電池と水電解システムの設計・製造などを手掛けるエノアに出資したと発表した。

エノアは、長年にわたって燃料電池評価設備の製造・販売の実績があり、再エネの利活用における水素燃料電池システムの設計・組立をカスタマイズできるシステムインテグレーター。

今回、豊田通商はエノアへの出資を機に協業を強化し、顧客ニーズに合わせた水素燃料電池システムを供給することで、これまで活用されていない分野に対する水素燃料電池の展開に取り組む。特に、自治体に向けたスマートコミュニティ事業の一環で、電力供給設備として水素燃料電池の活用を推進する。

燃料電池は、水素などの燃料と酸素を化学反応させることで電力を生む発電装置で、二酸化炭素排出量がゼロなため、ディーゼル発電機など従来の発電機の代替として注目されている。
《レスポンス編集部》

特集