モビリティの進化が未来を変える

カレコカーシェアリング、全車両に自動ブレーキ&ドラレコ搭載完了

カレコ・カーシェアリングクラブは4月22日、カーシェア全車両への自動ブレーキ、ドライブレコーダー、バックモニターの搭載が完了したと発表した。

ビジネス MaaSサービス
ドライブレコーダーの映像(イメージ)
  • ドライブレコーダーの映像(イメージ)
  • ドライブレコーダー(イメージ)
  • 自動ブレーキ、ドライブレコーダー、バックモニターの搭載率
カレコ・カーシェアリングクラブは4月22日、カーシェア全車両への自動ブレーキ、ドライブレコーダー、バックモニターの搭載が完了したと発表した。

カレコが2017年12月に実施した会員向けアンケートによると、「今後搭載を希望する機能」について、1位「自動ブレーキ機能(43.1%)」、2位「ドライブレコーダー(18.9%)」、3位「バックモニター(18.8%)」という結果となり、安全装備に関するニーズが高いことが分かった。そのニーズに応えるべく2018年3月以降、既存車両へのドライブレコーダーとバックモニターの装着を進めるとともに、新規導入では安全装備を搭載した車両を選んできた。

国土交通省は4月1日、2022年5月以降に販売する新型車に対して、自動車後方の状況が確認できる装備を自動車メーカーに義務付ける方針を明らかにした。またそれに先駆け、2021年11月からは、国産新型車に衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の装着を義務付けることも決定。安全装備の搭載ニーズは今後も高まることが予想される。

今回の全車両安全装備搭載により、利用時に装備の有無を確認することなく、どの車両でも安心してドライブを楽しめるようになった。カレコでは今後、全車両をレーンキープアシスト付きの車両とするなど、安心してクルマを利用できるよう、サービスの拡充を進めていく。
《纐纈敏也@DAYS》

特集