モビリティの進化が未来を変える

日野自動車と関西電力、合弁設立へ---電動商用車の導入を支援

日野自動車は4月22日、関西電力とトラック・バスなどの商用車の電動化推進で協力すると発表した。

テクノロジー 新エネルギー車
日野が市場導入予定の電動トラック、デュトロZ EV
  • 日野が市場導入予定の電動トラック、デュトロZ EV
  • トラック・バス電動化推進ソリューション事業のイメージ
  • 日野自動車と関西電力が合弁設立へ
日野自動車は4月22日、関西電力とトラック・バスなどの商用車の電動化推進で協力すると発表した。

電動商用車の導入を促進するため、合弁会社「キューブリンクス」を5月に設立する。資本金は5億円で、日野が66.7%、関西電力が33.3%出資する。商用車と電力に関する両社の知見を活用し、電動車導入・運用の課題を解決するサービスを提供する予定で、2022年初めに営業を開始する。

輸送現場への電気自動車(EV)導入では、車両の契約に加え、充電設備の設置や電力使用契約など、複数事業者との煩雑な手続きがあり、導入のハードルとなっている。また、日々の運用では、非効率な充電による稼働率悪化や稼働中の電力不足を避けるため、緻密な運行管理や充電管理が必要。

新会社は車両メーカー、設備メーカー、ITベンダー、電力会社が参加可能なオープンなプラットフォームを構築し、事業者の事業形態や車両の使い方に合わせた最適なソリューションをパッケージ化し、月額定額制サービスでワンストップ提供する。

今後は、関連する業界の様々なパートナーや、物流MaaS(モビリティアズアサービス)とも連携しながらサービス内容の拡充を図る。将来的には、自動運転車の運行マネジメントも含め、あらゆる商用車を対象とするプラットフォームを目指す。
《レスポンス編集部》

特集