モビリティの進化が未来を変える

ボッシュ、燃料電池関連技術に10億ユーロ以上を投資 2021-24年

ボッシュ(Bosch)は4月22日、2021年から2024年にかけて、燃料電池関連のテクノロジーに10億ユーロ(約1300億円)以上を投資する計画を発表した。

テクノロジー 新エネルギー車
ボッシュの燃料電池システムと同社のフォルクマル・デナー会長
  • ボッシュの燃料電池システムと同社のフォルクマル・デナー会長
  • ボッシュの燃料電池パワートレイン
  • ボッシュの燃料電池パワーモジュール
ボッシュ(Bosch)は4月22日、2021年から2024年にかけて、燃料電池関連のテクノロジーに10億ユーロ(約1300億円)以上を投資する計画を発表した。

ボッシュは、メガトレンドのひとつである水素関連の成長市場に注力している。EU内のグリーン水素市場の年間成長率は65%で、2030年までに400億ユーロ規模に成長すると予測している。燃料電池は水素を電気に変換するもので、ボッシュは自動車などのモビリティ用途と定置用の燃料電池ソリューションを開発している。

ボッシュでは、モビリティ用途の燃料電池市場はこの10年で約180億ユーロに成長すると予測している。最近では、燃料電池パワートレインを製造するために、中国の慶鈴汽車グループ(Qingling Motor Group)との間で、合弁会社を設立した。2021年末までに、70台のトラックが公道テストを開始する予定だ。

ボッシュは2022~2023年から、トラック向け燃料電池パワートレインの生産を開始する計画だ。ボッシュによると、毎日重い荷物を長距離輸送するなら、燃料電池が第1の選択肢になるという。

ボッシュ取締役会のフォルクマル・デナー会長は、「ボッシュはすでに水素社会への対応ができている。モビリティ用の燃料電池の分野においても、ボッシュは好位置に付けていると確信しており、この市場でもリーディングカンパニーになれる要素を備えている」と述べている。
《森脇稔》

特集