モビリティの進化が未来を変える

ボッシュ、燃料電池製品やEV向けモジュールなどを日本初出展…人とくるまのテクノロジー2021

ボッシュは、5月26日から7月30日に開催される「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に出展、日本初出展の燃料電池製品などを紹介する。

テクノロジー 新エネルギー車
ボッシュ(イメージ)
ボッシュは、5月26日から7月30日に開催される「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」に出展、日本初出展の燃料電池製品などを紹介する。

◆燃料電池パワーモジュール(商用車向け燃料電池システム・日本初出展)

出力に応じて規模を変更できる燃料電池システムは、水素をもとに電気を発生。主に商用車、特に長距離車両向けとなる。同システムは燃料電池スタック、スタックの稼働に必要な水素の供給や吸気を扱うサブモジュール、冷却回路、電流供給装置をコンパクトなモジュールに収めている。商用車向けに、長寿命、高耐久かつ高いパフォーマンスを発揮できるように設計。また、約700もの部品からなる複雑なモジュールを一製品に収め、車両に組み込みやすいソリューションとなっている。

◆燃料電池コンポーネント(エアバルブ2種・日本初出展)

スタック分離・圧力制御バルブは、カソードサブシステムの吸入・排出経路での空気の流量や圧力を調整し、車両停止時には吸入・排出経路を遮断し、空気のスタックへの流入を最小限に抑える。本バルブは、水素の噴射量を調整するとともに、燃料電池システム全体の出力制御と効率、またスタック耐久性の維持に貢献する。

加湿器バイパスバルブは、スタック内の湿度を適性に保ち、高いシステム効率を確保。スタックバイパスバルブは、排出経路に余剰な空気をバイパスさせ、電動エアコンプレッサーのサージを防止するなどの需要な役割を担う。

◆EV向け無段変速機 CVT4EV(日本初出展)

ボッシュが開発中の「CVT4EV」は、CVTの開発で培ってきた技術を活用し、EV向けに専用設計したプッシュベルト方式の無段変速機。専用設計によって、効率アップ、牽引モードでのトルクアップ、良好な加速や最高速度の向上などを可能としている。無段変速により、EV走行特有の滑らかさを維持しながら、変速比に幅を持たせることで効率とパフォーマンスのベストバランスを実現。CVTの採用により、EVの走行モードをフレキシブルに設定でき、多様な市場ニーズに適したEVラインアップの設定を可能とする。

本システムは、最も電動パワートレインの効率が良い点で常時動作するようCVTをコントロール。より安価でコンパクトな電気モーターでこれまでと同等以上の性能を発揮する。また、従来の電気モーターであれば、航続距離の延長も可能となり、バッテリー容量と航続距離の最適なバランスを取ることができる。

CVT4EVは、CVT4EVモジュール、インバーター、電気モーター、車両に合わせて比率を設定したアクスルドライブで構成。単一のデザインで中型車、スポーツカーから小型商用車までの様々なアプリケーションに対応し、開発・製造コストの低減にも貢献する。

◆アドバンスド ドライビングモジュール(日本初出展)

アドバンスド ドライビングモジュールは、シャーシに加え、eアクスル、コントロールユニット、ブレーキシステム、ステアリングシステムなどのコンポーネントを組み合わせたモジュール。インターフェースを簡素化することで、コンポーネント間の通信を最適化できるほか、車両安定とエネルギー回生などEVにおける最適な制御を実現。最先端のハードウェアとソフトウェアを組み合わせることで、自動車メーカーは開発効率を高め、EVをより迅速に市場に投入できる。

◆LTE65-JP テレメトリシステム(日本初出展)

LTE 65-JPは、4G-LTE通信回線を利用したテレメトリシステム。車両における各種データのリアルタイムな送受信を実現する。データはシステムに含まれるクラウドサービスを通して送受信。日本国内のサーキットやテストコースでの走行データをピットやオフィス、または自宅で受信するといった、様々なニーズに対応する。4G回線を利用するため、通信圏内であれば特別な設備・インフラは不要。通信プロトコルはイーサネットとシリアルに対応し、ボッシュが提供するディスプレイ、ECU、データロガーのほか、他社製の各種機器でも使用できる。
《纐纈敏也@DAYS》

特集