モビリティの進化が未来を変える

再生可能エネで水素を製造 東レや東電など共同で試験開始

東レ、東京電力ホールディングス、東光高岳、山梨県は6月7日、再生可能エネルギーの電力でグリーン水素を製造し、化石燃料の利用を低減させるプロジェクト「H2-YES」でのP2G(パワー・ツー・ガス)システムの試運転を開始したと発表した。

テクノロジー 新エネルギー車
水素ステーションで充填するトヨタ MIRAI(参考画像)
  • 水素ステーションで充填するトヨタ MIRAI(参考画像)
東レ、東京電力ホールディングス、東光高岳、山梨県は6月7日、再生可能エネルギーの電力でグリーン水素を製造し、化石燃料の利用を低減させるプロジェクト「H2-YES」でのP2G(パワー・ツー・ガス)システムの試運転を開始したと発表した。

燃料電池車(FCV)などの燃料となる水素は、カーボンニュートラル時代の次世代エネルギーの1つと見られているが、CO2排出せずに水素を製造する手法の確立が課題となっている。P2Gシステムは、水の電気分解から水素を製造する技術で、カーボンニュートラル社会の実現に向けた再生可能エネルギー導入拡大と温室効果ガスの削減に期待されている。

H2-YESでは、メガソーラーの変動する電力と、大型の固体高分子型水電解装置により水道水から水素を作り出し、水素吸蔵合金システムに水素を貯蔵、安全・安心にグリーン水素を利用できるシステムを構築した。将来の再生可能エネルギーの大量導入を見据えて、様々な地域や場所にシステムを展開することを目指す。

今回の試運転は今年秋頃までの予定で、水素の製造・貯蔵の試験調整を行いながら、山梨県内の工場やスーパーマーケットへ輸送して利用する一貫したシステムの社会実証試験を全国に先駆けて実施する。

今後は、段階的に水素の製造量を増加させ、年内を目途に、当初の計画である「1時間あたり300Nm3、年間45万Nm3」の水素製造による本格的な実証試験へと移行する計画。
《レスポンス編集部》

特集