モビリティの進化が未来を変える

国内初、公道にEV用充電器 実証実験が横浜市でスタート

横浜市とe-Mobility Powerは6月8日、横浜市青葉区内で公道に電気自動車(EV)用充電器を設置する実証実験を開始したと発表した。公道に充電器を設置する際の課題や有用性について検証する。

社会 スマートシティ
EV用充電器
  • EV用充電器
  • 公道に整備したEV用充電器のイメージ
  • 充電中は駐車可能となる。
  • 現地式典
横浜市とe-Mobility Powerは6月8日、横浜市青葉区内で公道に電気自動車(EV)用充電器を設置する実証実験を開始したと発表した。公道に充電器を設置する際の課題や有用性について検証する。

公道にEV用充電器を設置したのは国内で初めて。

横浜市とe-Mobility Powerは2050年までの脱炭素化「Zero Carbon Yokohama」の実現に向けて、横浜市内のEV普及促進に向けた連携協定を締結し、市内にEVやプラグインハイブリッド車(PHV)の利用環境整備や、充電インフラ拡大に資する新たな仕組みづくりに積極的に取り組んでいる。

今回、EVの普及が進む欧州では一般的となっている充電器の公道設置に向けて実証実験を実施して課題を抽出する。横浜市青葉区しらとり台69付近に設置した。都市部で視認性がよく充電インフラが充実しているという安心感にもつなげる。

今回の実証では、実際に公道上に充電器を設置して試験的に運用し、交通管理者・道路管理者・設置事業者の課題や有用性について検証する。期間は2022年3月下旬まで。

公道にEV用充電器を設置 実証実験が横浜市でスタート

《レスポンス編集部》

特集