モビリティの進化が未来を変える

GMの自動運転EV、ホンダも開発に参画…100台のプリプロダクションを開始

GMの自動運転車部門の「クルーズ」は6月15日、自動運転EVの『クルーズ・オリジン』(Cruise Origin)のプリプロダクションを開始した、と発表した。

テクノロジー 自動運転
GMの自動運転車開発部門クルーズの自動運転車「クルーズ・オリジン」
  • GMの自動運転車開発部門クルーズの自動運転車「クルーズ・オリジン」
  • GMの自動運転車開発部門クルーズの自動運転車「クルーズ・オリジン」
  • GMの自動運転車開発部門クルーズの自動運転車「クルーズ・オリジン」
  • GMの自動運転車開発部門クルーズの自動運転車「クルーズ・オリジン」
  • GMの自動運転車開発部門クルーズの自動運転車「クルーズ・オリジン」
GMの自動運転車部門の「クルーズ」は6月15日、自動運転EVの『クルーズ・オリジン』(Cruise Origin)のプリプロダクションを開始した、と発表した。

クルーズ・オリジンは2020年1月、米国カリフォルニア州サンフランシスコで一般公開された。シェアリングサービス向けの自動運転EVで、GM、クルーズ、ホンダの3社が共同開発している。

クルーズ・オリジンは、GMの第3世代EVプラットフォームと「アルティウム」バッテリーを採用した初の量産車でもある。自動運転モビリティサービス事業の専用車としての利用を想定している。

クルーズは今回、このクルーズ・オリジンのプリプロダクションを開始した。プリプロダクションとは、本格的な量産に入る前に、生産ラインで車両を組み立てることを指し、完成した車両は品質確認などに使用される。クルーズ・オリジンのプリプロダクションは約100台で、今夏から集中的なテストと検証プロセスを行うという。

なお、クルーズ・オリジンは、GMのEV専用工場として設立された米国ミシガン州の「ファクトリー・ゼロ(Factory ZERO)」において、量産される予定、としている。
《森脇稔》

特集