モビリティの進化が未来を変える

ブリヂストン、長距離トラック自動運転技術を開発する米コディアック社に出資

ブリヂストンは6月17日、米国で長距離トラックの自動運転技術を開発するコディアック社に、米国グループ会社を通じ、少数株主として出資すると発表した。

ビジネス 企業
ブリヂストンは6月17日、米国で長距離トラックの自動運転技術を開発するコディアック社に、米国グループ会社を通じ、少数株主として出資すると発表した。

現在、コディアック社はテキサス州の長距離トラックユーザーに対してレベル4の自動運転技術を提供し、セーフティドライバー付きの自動運転を実施している。今回、ブリヂストングループはクラウドを通じて自動運転車両と接続し得られたデータをタイヤメンテナンスやタイヤ寿命の最適化に役立てるとともに、そのソリューションプラットフォームを活用し、車両の安全運行と自動運転技術の進化に貢献できると考え、コディアック社への出資を決定した。

ブリヂストングループはコディアック社との共創を通じて、レベル4の自動運転技術の確立と展開に貢献していく。同時に、コディアック社の自動運転技術と、ブリヂストングループが推進するタイヤセントリックソリューション、モビリティソリューションを融合することで、次世代のモビリティに対する安全性や燃費性の向上といったサステナビリティに寄与する価値の創造に挑戦していく。
《纐纈敏也@DAYS》

特集