モビリティの進化が未来を変える

ポルシェ、新世代の高性能バッテリー生産へ…電力密度を向上

ポルシェ(Porsche)は6月21日、ドイツ・ヴァイザッハの開発センターにおいて、新世代の高性能バッテリーセルの生産を開始すると発表した。

調査レポート CASEレポート
ポルシェ・タイカン のバッテリー
  • ポルシェ・タイカン のバッテリー
  • ポルシェ・タイカン のバッテリー
  • ポルシェ・タイカン
ポルシェ(Porsche)は6月21日、ドイツ・ヴァイザッハの開発センターにおいて、新世代の高性能バッテリーセルの生産を開始すると発表した。

新世代の高性能バッテリーセルの生産を行うのは、ポルシェとカスタムセルズ社が合弁で設立した新会社、セルフォースグループだ。ポルシェは電動化攻勢の新たな一歩として、セルフォースグループに数千万ユーロの大規模な投資を行う。

この投資によりポルシェは、電動モビリティの分野で技術的なリーダーシップとしての役割をさらに加速させていく。新しい合弁会社は、ポルシェが83.75%の過半数の株式を保有し、ドイツ・テュービンゲンに本社を置く。従業員数は2025年までに、80名まで増加する見込みだ。ドイツ連邦共和国とバーデン=ヴュルテンベルク州は、約6000万ユーロの資金をこのプロジェクトに拠出する。

新世代の高性能バッテリーでは、セルの化学的性質に陽極材としてシリコンを使用する。シリコンを使用すると、現在のバッテリーと比較して、電力密度を大幅に高めることが可能になる。これによりバッテリーは、より小さなサイズで同じエネルギー量を供給できるようになる。

また、新しい化学的性質により、バッテリーの内部抵抗が減少する。これにより、エネルギーの回生中により多くのエネルギーを吸収すると同時に、急速充電の性能が向上するという。

ポルシェ取締役会のオリバー・ブルーメ会長は、「ポルシェの新しい子会社として、セルフォースグループは高性能バッテリーセルの研究・開発・製造・販売を推進するために尽力する」と述べている。
《森脇稔》

特集