モビリティの進化が未来を変える

グレーター・マンチェスター交通局が、バス時刻表のペーパーレス化を試行

グレーター・マンチェスター交通局(TfGM)は、ストックポートとオールダムのトラベルショップとバス停で、従来のバス時刻表をデジタルQRコードに置き換えるペーパーレス時刻表の試験を行う。

社会 スマートシティ
グレーター・マンチェスター交通局が、バス時刻表のペーパーレス化を試行

英国グレーター・マンチェスター交通局(TfGM)は、ストックポートとオールダムのトラベルショップとバス停で、従来のバス時刻表をデジタルQRコードに置き換えるペーパーレス時刻表の試験を行う。

6月2日より乗客は、従来の紙の時刻表を手に取る代わりに、店頭や駅構内に表示されたQRコードをスマートフォンで読み取ることができるようになっている。スマートフォンでQRコードを読み取ると、TfGMのWebページに移動し、選択したバスサービスに関する正確な最新情報を確認することができる。

この試みは、コロナウイルスの大流行により、バスの運行が頻繁に変更され、従来の印刷された時刻表では最新の情報を提供することが困難になったことに対応するために導入された。また乗客は、最も正確な最新情報を得られているという安心感(信頼感)を持ち、事前の異動プランを立てやすくなっているという。

TfGMのカスタマーディレクター、スティーブン・ローズ氏は「パンデミックとそれに関連する政府の指針は、バスの運行業者に困難をもたらしたが、乗客に最適な情報を提供する方法を再検討する機会でもあり、革新的で新しい技術を活用するチャンスでもあった。現在、試験的に2か所で実施しており、乗客の使用データや具体的フィードバックを注意深くモニタリングし、全トラベルショップへの展開を検討する前に、この取り組みの評価を行う」と述べる。

なお、2020年末にはグレーター・マンチェスター都市圏にある46か所のバス停で同様の試験が行われている。

《Gilbert》

特集