モビリティの進化が未来を変える

シナネンモビリティPLUS、埼玉県富士見市でシェアサイクル実証実験

シェアサイクル「ダイチャリ」を展開するシナネンモビリティPLUS株式会社は、埼玉県富士見市と「富士見市シェアサイクル事業の実証実験に関する基本協定書」を締結し、7月中旬以降にシェアサイクル事業の実証実験を始める。

ビジネス MaaSサービス
シナネンモビリティPLUS、埼玉県富士見市でシェアサイクル実証実験
  • シナネンモビリティPLUS、埼玉県富士見市でシェアサイクル実証実験
  • シナネンモビリティPLUS、埼玉県富士見市でシェアサイクル実証実験
  • シナネンモビリティPLUS、埼玉県富士見市でシェアサイクル実証実験
  • シナネンモビリティPLUS、埼玉県富士見市でシェアサイクル実証実験
  • シナネンモビリティPLUS、埼玉県富士見市でシェアサイクル実証実験

シェアサイクル「ダイチャリ」を展開するシナネンモビリティPLUS株式会社は、埼玉県富士見市と「富士見市シェアサイクル事業の実証実験に関する基本協定書」を締結し、7月中旬以降にシェアサイクル事業の実証実験を始める。

今回の実証実験では、公共交通の機能の補完・代替、放置自転車等の課題、スマートムーブの推進、地域活性化に有効とされるシェサイクルについて、有効性及び課題を検証。7月中旬以降順次、市役所や公民館、鶴瀬駅、ふじみ野駅、みずほ台駅、周辺公園など約20カ所、シェアサイクルの貸し出し・返却拠点のステーションを設置する。

今回の実証実験で同社は、OpenStreet株式会社が提供するシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」を活⽤したシェアサイクル「ダイチャリ」の運営、コンビニエンスストアやスーパー、ドラッグストアなど民間企業と連携したステーションの開拓、シェアサイクル事業の実施に係る関係事業者との調整の役割を担う。

シェアサイクルの利用にあたり、「HELLO CYCLING」の「ステーション」があれば富士見市内だけでなく全国どこでも自転車を貸出・返却することが可能で、近隣のさいたま市や志木市、ふじみ野市では2021年6月末時点で既に約400か所のステーションが設置されており、地域を超えた広域的な利用が見込まれるという。

実証実験期間は2023年3月31日まで。

《中島 丈晴》

編集部おすすめの記事

特集