モビリティの進化が未来を変える

トヨタの超小型EV『C+pod』、ショートタイムレンタカーとして横浜都心臨海部に登場

神奈川県オールトヨタ販売店(神奈川トヨタ自動車・横浜トヨペット・トヨタカローラ神奈川・ネッツトヨタ神奈川)とトヨタレンタリース神奈川、トヨタレンタリース横浜は、超小型EV『C+pod』を使ったショートタイムレンタカーサービスを7月22日から開始する。

ビジネス MaaSサービス
観光スポット周遊バスあかいくつ(左)とC+pod
  • 観光スポット周遊バスあかいくつ(左)とC+pod
  • C+podとmy route@Yokohamaアンバサダー 丸りおな氏
  • C+pod
  • C+pod
  • C+pod
  • my routeの予約画面遷移
  • 貸出店舗​
神奈川県オールトヨタ販売店(神奈川トヨタ自動車・横浜トヨペット・トヨタカローラ神奈川・ネッツトヨタ神奈川)とトヨタレンタリース神奈川、トヨタレンタリース横浜は、超小型EV『C+pod』を使ったショートタイムレンタカーサービスを7月22日から開始する。(+はCの右肩付き)

C+podは、トヨタ自動車が開発した2人乗りタイプの超小型EVだ。モーターはリヤに、リチウムイオンバッテリーはシート足元の床下に搭載し、航続距離は150kmを確保。高剛性かつ軽量なボディ、独立懸架式サスペンションとの組み合わせにより、上質な乗り心地ときびきびとした安定感のある走りを実現する。

C+podは2022年頃に市販が予定されているが、それに先駆け、ショートタイムレンタカーサービスとして、横浜都心臨海部に登場。計4台のC+podを配備し、横浜都心臨海部にある7店のトヨタレンタカー店舗で予約を受け付ける。この新モビリティサービスは市営交通100周年を迎える横浜市交通局ともコラボレーション。4台すべてを「観光スポット周遊バスあかいくつ」に模したデザインにラッピング。開港の歴史溢れる街並みを新たなモビリティで楽しめる。

利用可能時間は8時から20時(一部店舗は19時)で当日内の返却が必要。料金は1時間まで800円、12時間まで4800円。利用可能店舗や予約先番号はマルチモーダルアプリ「my route」や「公式Webサイト」から確認できる。
《纐纈敏也@DAYS》

特集