モビリティの進化が未来を変える

車窓モビリティサイネージ「Canvas」搭載タクシーの配車を開始

ソニーグループのS.RIDE株式会社が展開するタクシーアプリ「S.RIDE」で、株式会社ニューステクノロジーが運営する車窓モビリティサイネージサービス「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas(Canvas)」タクシーを配車する機能を始めた。

ビジネス 企業
車窓モビリティサイネージ「Canvas」搭載タクシーの配車を開始
  • 車窓モビリティサイネージ「Canvas」搭載タクシーの配車を開始
  • 車窓モビリティサイネージ「Canvas」搭載タクシーの配車を開始
  • 車窓モビリティサイネージ「Canvas」搭載タクシーの配車を開始
  • 車窓モビリティサイネージ「Canvas」搭載タクシーの配車を開始

ソニーグループのS.RIDE株式会社が展開するタクシーアプリ「S.RIDE」で、株式会社ニューステクノロジーが運営する車窓モビリティサイネージサービス「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas(Canvas)」タクシーを配車する機能を始めた。

「Canvas」は、「東京に新たなギャラリーを」をコンセプトに、都内を走行するタクシー車両の空車時間を活用して、タクシーの後方のサイドガラスに広告を映し出す国内初の車窓モビリティサイネージサービスで、今年5月からJPN TAXI 100台で運用を開始。その後段階的に対象車両を増加し、「S.RIDE」加盟のタクシー事業社が保有するJPN TAXI全てに搭載。将来的には従来の屋外広告の枠を超え、タクシーアプリ「S.RIDE」で取得した位置情報などのデータと連携し、ロケーションや時間帯に最適化した広告やその他情報を表示できるよう開発を進めていくという。

今回の機能追加で、タクシー利用者は配車時に「Canvas」搭載タクシーを指定することができ、広告主は、配車~迎車時まで一気通貫してサービス訴求することができる。また、ニューステクノロジーが運営するタクシー内モビリティメディア「THE TOKYO TAXI VISON GROWTH」を活用し、乗車中を含む移動導線全てをジャックしたイメージ訴求も可能になる。

【株式会社ニューステクノロジー 概要】
会 社 名 :株式会社ニューステクノロジー
住 所 :東京都港区赤坂 4-15-1 赤坂ガーデンシティ 13F
設 立 :2014年10月1日
代 表 者 :三浦 純揮
資 本 金 :2,000万円
事 業 内 容 :コンテンツクリエイティブ事業、メディアアカウント事業、サイネージ事業

【S.RIDE株式会社 概要】
会 社 名 :S.RIDE株式会社
住 所 :東京都台東区台東1-24-2
設 立 :2018年5月31日
代 表 者 :西浦 賢治
事 業 内 容 :タクシー事業者等に向けた配車ソフトウェア・システム他の企画・開発・サービス提供

《中島 丈晴》

編集部おすすめの記事

特集