モビリティの進化が未来を変える

【調査レポート】MaaS受容性調査 2021(全国)

mirai.Rsponseでは「MaaS需要性調査 2021(全国)」と題し、アンケート調査を実施、レポートを作成した。

調査レポート MaaSレポート
【調査レポート】MaaS受容性調査 2021(全国)
  • 【調査レポート】MaaS受容性調査 2021(全国)
  • 【調査レポート】MaaS受容性調査 2021(全国)
  • 【調査レポート】MaaS受容性調査 2021(全国)
  • 【調査レポート】MaaS受容性調査 2021(全国)
  • 【調査レポート】MaaS受容性調査 2021(全国)
  • 【調査レポート】MaaS受容性調査 2021(全国)

移動に関わるあらゆる業界を中心に、MaaS(Mobility as a Service)への取り組みが加速している。一方で、一般ユーザーはどこまでサービスを理解し、また利用しているのか。今回、mirai.Rsponseは「MaaS受容性調査 2021(全国)」と題し、アンケート調査を実施、レポートを作成した。

2019年に東京23区を対象とした調査を実施したが、今回は対象範囲を日本全国に拡大し、日常生活における移動の実態と、都市型MaaSに関連する各種サービスの受容性を調べた。

本記事では当レポートの調査内容および一部の調査結果について紹介する。

レポートタイトル

MaaS受容性調査 2021(全国)

発刊日

2021年7月30日

ページ数

PDFファイルA4全48ページ

販売価格

165,000円(税込)※プレミアム会員は無料

調査目的

日常生活における移動の実態と、都市型MaaSに関連する各種サービスの受容性/価格受容性を把握する(前回調査「MaaS受容性調査(東京23区版)」は2019年実施)

調査結果サマリ

「MaaS」の認知度は2割程度にとどまる

MaaSという言葉の認知度は、「知っている」が6%、「聞いたことがある」が15%と認知している人は合わせて21%に留まり、8割程度は認知していない結果となった。

女性よりも男性の方が認知度が高いが3割には届かず、現状、一般用語としてMaaSは認識されていない。

今後の「MaaS」サービス利用意向は「配車サービス」で4割強

MaaSサービスの利用意向をTOP2でみてみると、「配車サービス」で45%、「自転車シェア」で32%、となった。

TOP1(ぜひ利用したい)でみるとすべて10%以下となっており、利用意向はそれほど高くないことがわかった。

スマートシティへの居住意向は3割程度

トヨタ自動車(株)が取り組んでいる「Woven City」にどの程度住んでみたい、暮らしてみたいと感じるかを尋ねたところ、TOP2(住んでみたい、やや住んでみたいの合算値)は32%と3割にとどまる結果となった。

若い年代では居住意向が他の年代よりも高いものの4割強にとどまることがわかった。

調査レポートのダウンロードおよび購入

プレミアム会員は以下から、調査レポートのダウンロードが可能です。
無料会員・シルバー会員につきましては購入が可能です。

《mirai.Response編集部》

特集