モビリティの進化が未来を変える

屈斜路プリンスホテル、次世代超小型モビリティ「てしかがチョコモ」をレンタル開始

屈斜路プリンスホテルは、地元弟子屈町の「EZOライダーハウス」の超小型モビリティ「てしかがチョコモ」のレンタルを開始した。

ビジネス MaaSサービス
屈斜路プリンスホテル、次世代超小型モビリティ「てしかがチョコモ」をレンタル開始
  • 屈斜路プリンスホテル、次世代超小型モビリティ「てしかがチョコモ」をレンタル開始
  • 屈斜路プリンスホテル、次世代超小型モビリティ「てしかがチョコモ」をレンタル開始
  • 屈斜路プリンスホテル、次世代超小型モビリティ「てしかがチョコモ」をレンタル開始

屈斜路プリンスホテルは、地元弟子屈町の「EZOライダーハウス」の超小型モビリティ「てしかがチョコモ」のレンタルを開始した。

「てしかがチョコモ」は4輪で前後2人乗り、最高速度は約80km/h、1度の充電で約100km走行可能。走行範囲は弟子屈町内限定。オール電気で排出ガスはゼロのため、阿寒摩周国立公園内に位置している同ホテル周辺の自然環境保全の一環として、和琴半島・砂湯・硫黄山など周辺観光の新たな交通手段を提供するという。

《中島 丈晴》

編集部おすすめの記事

特集