モビリティの進化が未来を変える

名古屋市交通局が「市営交通100年祭」 祭サイト・ツイッター開設、PR動画配信

名古屋市交通局が、市営交通100周年記念事業「市営交通100年祭」を2021年度から2023年度にかけて実施する。

ビジネス 企業
名古屋市交通局が「市営交通100年祭」 祭サイト・ツイッター開設、PR動画配信
  • 名古屋市交通局が「市営交通100年祭」 祭サイト・ツイッター開設、PR動画配信
  • 名古屋市交通局が「市営交通100年祭」 祭サイト・ツイッター開設、PR動画配信

名古屋市交通局が、市営交通100周年記念事業「市営交通100年祭」を2021年度から2023年度にかけて実施する。

1922(大正11)年8月1日に開始し、2022年8月1日に100 周年を迎える市営交通。「これからも、街をむすぶ。人をつなぐ。」をテーマに、記念事業では、利用客や地域と歩んだ歴史を振り返り感謝を伝え、市営交通への理解と愛着を一層深めてもらい、100周年を出発点に、利用客や地域とともに未来へ向かう契機とする。

8月1日には「100年祭サイト」を開設。100周年を迎え、さらに未来へ向かい勢いよく走り続けていく様子を表現し、市バスと地下鉄が想いを一つに、利用客の信頼と愛着に応え続けていくことを表しており、サイトには、100年のあゆみ、イべント情報、グッズ情報、PR動画などのコンテンツを掲載している。また、「100年祭Twitter」では、その日の市営交通に関する出来事「あの日あの時」や、100周年カウントダウンなどを発信。「100周年PR動画」では、100年を振り返る写真が登場するほか、市バス・地下鉄運転士や技術職員などが登場し、利用客に感謝を伝える。コンテンツは「100年のあゆみ(軌跡編)」「お客さまへの感謝(ありがとう編)」(各15秒)、「あゆみと感謝(軌跡・ありがとう編)」(60秒)。ユーチューブや、名古屋・栄・金山・藤が丘・星ヶ丘・本山の地下鉄6駅とクリスタル広場のデジタルサイネージで配信する。

《中島 丈晴》

編集部おすすめの記事