モビリティの進化が未来を変える

AI活用しスタンプラリー、JR西日本がMaaSアプリ「WESTER」で提供へ

尾道市が実施する「尾道市実証実験サポート事業」で、西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)が提供する新常態をサポートするMaaSアプリ「WESTER」とせとうち観光ナビ「setowa」、と株式会社ギックスが提供する個客選択型スタンプラリー「マイグル」が採択された。

ビジネス MaaSサービス
AI活用しスタンプラリー、JR西日本がMaaSアプリ「WESTER」で提供へ
  • AI活用しスタンプラリー、JR西日本がMaaSアプリ「WESTER」で提供へ
  • AI活用しスタンプラリー、JR西日本がMaaSアプリ「WESTER」で提供へ
  • AI活用しスタンプラリー、JR西日本がMaaSアプリ「WESTER」で提供へ
  • AI活用しスタンプラリー、JR西日本がMaaSアプリ「WESTER」で提供へ

尾道市が実施する「尾道市実証実験サポート事業」で、西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)が提供する新常態をサポートするMaaSアプリ「WESTER」とせとうち観光ナビ「setowa」、と株式会社ギックスが提供する個客選択型スタンプラリー「マイグル」が採択された。

「尾道市実証実験サポート事業概要」は、地域課題の解決や豊かな市民生活の実現、新規産業の創出や産業の集積、ブランド力の向上を目的に、AI やIoTなど先端的なデジタル技術を活用する実証実験に対し、尾道市が支援を実施する取り組み。

今回の実証実験で、尾道市在住者や尾道市訪問者に「WESTER」でAIを活用したスタンプラリーを提供。公共交通機関利用や観光・飲食など消費活動への行動変容につながるかを検証する取り組みで、「WESTER」「マイグル」に加え「setowa」も活用し、得られたデータをJR西日本、ギックスが分析して今後の取組みに活用してもらう。

MaaSアプリ「WESTER」で旅行に関するアンケートに答えると、AIが個人に合わせたおすすめの観光施設等を提案。提案内容を踏まえユーザがスタンプを決定。スタンプには、観光型MaaS「setowa」で提供するデジタルフリーパス等も対象とし、スタンプラリーを全てクリアすると、ユーザにインセンティブを付与する。実証実験は2021年10月~12月頃を予定する。

【西日本旅客鉄道株式会社 概要】
所在地  大阪市北区芝田二丁目4番24
代表者  代表取締役社長 長谷川 一明
設立  1987年4月1日
事業内容 運輸業/流通業/不動産業/その他
企業URL https://www.westjr.co.jp

株式会社ギックス
所在地 東京都港区
代表者 代表取締役 網野 知博
設立 2012 年 12 月
事業内容 アナリティクスを用いたデータインフォームド事業
データを活用した各種コンサルティング業務および、ツールの研究・開発
上記ツールを用いた各種サービスの提供
企業URL https://www.gixo.jp/

《中島 丈晴》

編集部おすすめの記事

特集