モビリティの進化が未来を変える

豪雨被災した熱海市内で、学習支援活動にキャンピングカーを貸出

「バンシェルター実行委員会」は、熱海市内でNPO法人カタリバが中高生を対象に提供した居場所と学習支援現場「熱海Youth Lounge」に、スタッフの休憩・待機・仮眠場所として、2台のキャンピングカーを貸し出した。

ビジネス 企業
豪雨被災した熱海市内で、学習支援活動にキャンピングカーを貸出
  • 豪雨被災した熱海市内で、学習支援活動にキャンピングカーを貸出
  • 豪雨被災した熱海市内で、学習支援活動にキャンピングカーを貸出
  • 豪雨被災した熱海市内で、学習支援活動にキャンピングカーを貸出
  • 豪雨被災した熱海市内で、学習支援活動にキャンピングカーを貸出

「バンシェルター実行委員会」は、熱海市内でNPO法人カタリバが中高生を対象に提供した居場所と学習支援現場「熱海Youth Lounge」に、スタッフの休憩・待機・仮眠場所として、2台のキャンピングカーを貸し出した。

NPO「カタリバ」の災害時子ども支援プロジェクトチームでは、2021年7月からの豪雨による土砂災害で大きな被害が発生した熱海市内で7月22日から、被災した子どものための居場所「みんなの遊び場・カタリバパーク in 熱海」を開設・運営。夏休みで学校や学童に行けない中高生の居場所・学習支援「熱海 Youth Lounge」を開設した。

キャンピングカーなどのシェアサービス「バンライフ」事業を展開するCarstay(カーステイ)株式会社と、株式会社CarLife Japanが運営する「バンシェルター実行委員会」とNPO「カタリバ」は、新型コロナウイルス感染症の拡大と災害時に発生する課題解決を目指し、2020年7月、包括連携を締結した。実行委員会は、キャンピングカーの製造販売とレンタル事業を展開する株式会社RVトラストから手配したキャンピングカー2台を被災地に貸し出したほか、「かんぽの宿熱海」から、駐車場の提供と、施設内の大浴場、トイレ、外部電源の無償提供の協力を受け、「熱海Youth Lounge」に貸出した。

CarstayとCarLife Japaが運営する「バンシェルター」は新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、医療機関の簡易的な診療、医療従事者の休憩スペースなどの用途にキャンピングカーを無償レンタルするなど、医療機関を支援するプロジェクトとして2020年4月に発足。これまで約30の病院に60台を超えるキャンピングカーを提供。今後、医療機関だけでなく、災害地支援にも活動の幅を広げていくという。

《中島 丈晴》

編集部おすすめの記事

特集