モビリティの進化が未来を変える

トーヨータイヤ、トラック・バス向け商品企画力強化に向け組織改正

TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は、10月1日付けで、「消費財商品企画部」「生産財商品企画部」の新設などを含む組織改正を行うと発表した。

ビジネス 企業
トーヨータイヤ M646(参考画像)
  • トーヨータイヤ M646(参考画像)
TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は、10月1日付けで、「消費財商品企画部」「生産財商品企画部」の新設などを含む組織改正を行うと発表した。

今回の組織改正では、商品企画本部管下の「商品企画部」を解消し、「消費財商品企画部」と「生産財商品企画部」を新設。商品企画本部管下の消費財、及び生産財を扱う商品企画機能をそれぞれ独立部門として改編し、特にトラック・バスの商品企画力強化を図り、推進中の生産財事業拡大を加速させる。

また「生産本部」を解消し、「国内生産本部」と「海外生産本部」を新設する。生産統括部門管掌直轄の「生産統括管理部」は国内生産本部管下に移管、「工程設計開発室」は定常組織として「工程設計開発部」に改正の上、海外生産本部管下に移管。生産本部管下の「仙台工場」「桑名工場」「兵庫事業所」を国内生産本部管下に、「欧州プロジェクト推進室」を海外生産本部管下に移管。国内、及び海外の生産機能を分け、それぞれに管轄する本部を軸とした体制に改編し、プロジェクト推進力、課題への対応力強化を図る。
《纐纈敏也@DAYS》

特集