モビリティの進化が未来を変える

BMW、100%リサイクル可能なコンセプトカー発表へ…IAAモビリティ2021

BMWグループは9月2日、ドイツで9月6日に開幕するIAAモビリティ2021において、コンセプトカーのBMW『iビジョン・サーキュラー』(BMW i Vision Circular)を初公開すると発表した。

テクノロジー その他
BMW i ビジョン・サーキュラー のティザー写真
BMWグループは9月2日、ドイツで9月6日に開幕するIAAモビリティ2021において、コンセプトカーのBMW『iビジョン・サーキュラー』(BMW i Vision Circular)を初公開すると発表した。

BMW iビジョン・サーキュラーは、100%再生可能な素材で作られており、100%リサイクル可能としているのが特長。サーキュラーエコノミーの4つの原則、「Re:think」、「Re:duce」、「Re:use」、「Re:cycle」に従ってデザインされたiビジョン・サーキュラーは、2040年の持続可能なモビリティの姿を提示しているという。

また、BMW iビジョン・サーキュラーは、環境保護とモビリティが互いに矛盾していないことを示す1台になる。BMWグループは、新しいテクノロジーとイノベーションを活用することで、ユーザーがモビリティを断念することなく、持続可能性を高めながら、環境保護の要件を満たすことができることを示すという。

BMWグループは、BMW iビジョン・サーキュラーのティザー写真を1点公開した。BMWグループは、プレミアムモビリティの分野で最も持続可能な自動車メーカーであることを体現する、としている。
《森脇稔》

特集