モビリティの進化が未来を変える

シェフラーの最新サーマル・マネジメント・システム、EVの航続を延長…IAAモビリティ2021

シェフラー(Schaeffler)は9月6日、ドイツで開幕したIAAモビリティ2021において、EVの航続を伸ばす最新のサーマル・マネジメント・システムを初公開した。

テクノロジー 新エネルギー車
シェフラーのブース(IAAモビリティ2021)
  • シェフラーのブース(IAAモビリティ2021)
  • シェフラーの最新サーマル・マネジメント・システム
シェフラー(Schaeffler)は9月6日、ドイツで開幕したIAAモビリティ2021において、EVの航続を伸ばす最新のサーマル・マネジメント・システムを初公開した。

シェフラーのサーマル・マネジメント・システムは、高効率を実現するために、周囲の環境や運転条件に合わせて、とくにバッテリー、モーター、パワーエレクトロニクスの温度を継続的に調整する。また、このシステムは車内の温度も制御し、同時に可能な限りの航続を確保する。

シェフラーの最新のサーマル・マネジメント・システムには、2台の電動ウォーターポンプ、バルブ、それらをコントロールする電子制御ユニット、冷却水、冷媒回路のインターファイスがひとつのモジュールに一体化されている。

これにより、従来の統合されていないシステムと比較して、必要なスペースを最大60%削減した。また、最適化された設計により、システム全体の高い効率性の基礎を築くことができた、としている。
《森脇稔》

特集