モビリティの進化が未来を変える

【ロサンゼルスモーターショー2021】ゼロ・エミッション・ビークル賞を創設、11月発表へ

ロサンゼルスモーターショーの主催団体は、11月に行われるロサンゼルスモーターショー2021において、「ゼロ・エミッション・ビークル賞」を発表する。9月8日、ロサンゼルスモーターショーの主催団体が発表した。

テクノロジー 新エネルギー車
ポルシェ・タイカン の2022年モデル
  • ポルシェ・タイカン の2022年モデル
  • フィスカー・オーシャン
  • フォード F-150 ライトニング
ロサンゼルスモーターショーの主催団体は、11月に行われるロサンゼルスモーターショー2021において、「ゼロ・エミッション・ビークル賞」を発表する。9月8日、ロサンゼルスモーターショーの主催団体が発表した。

第1回目となるこの賞は、南カリフォルニアと全米におけるゼロ・エミッション・ビークルへの大規模な投資を称えるのが狙い。この種のアワードプログラムでは初めて、現段階で販売中、または事前予約で購入可能なゼロ・エミッション・ビークル(ZEV)を表彰する。

この新しい賞は、新型EVやプラグインハイブリッド車(PHV)、既存モデルをベースにした新しいゼロ・エミッション仕様を発表する自動車メーカーにスポットライトを当てる。フィスカーの『オーシャン』からフォードモーターのフォード『F-150ライトニング』、ポルシェ『タイカン』などが対象になる。

賞では、アドベンチャー、ファミリー、ライドシェア、個人コミューター、ワークホースなどのさまざまな分野において、最高のゼロ・エミッション・ビークルを選出する予定だ。

バイデン大統領は2030年までに、全車両の半数をゼロ・エミッションにするとの目標を掲げている。また、カリフォルニア州は、全ての販売車両を2035年までにゼロ・エミッションにするとの目標を定めている。ロサンゼルスは現在、EVとハイブリッド車の新車販売で、全米トップの市場。ロサンゼルスモーターショーの主催団体は、この賞は時宜を得たものであり、自動車業界にとって極めて重要な時期に開催される、としている。
《森脇稔》

特集