モビリティの進化が未来を変える

小田急がMaaSアプリで「ロマンスカー」特急券販売へ 複合経路検索や周遊券購入とも連動

小田急電鉄株式会社は、同社のMaaSアプリ「EMot (エモット)」で、特急ロマンスカーの特急券の販売を始めた。

ビジネス 企業
小田急がMaaSアプリで「ロマンスカー」特急券販売へ 複合経路検索や周遊券購入とも連動
  • 小田急がMaaSアプリで「ロマンスカー」特急券販売へ 複合経路検索や周遊券購入とも連動
  • 小田急がMaaSアプリで「ロマンスカー」特急券販売へ 複合経路検索や周遊券購入とも連動
  • 小田急がMaaSアプリで「ロマンスカー」特急券販売へ 複合経路検索や周遊券購入とも連動
  • 小田急がMaaSアプリで「ロマンスカー」特急券販売へ 複合経路検索や周遊券購入とも連動
  • 小田急がMaaSアプリで「ロマンスカー」特急券販売へ 複合経路検索や周遊券購入とも連動
  • 小田急がMaaSアプリで「ロマンスカー」特急券販売へ 複合経路検索や周遊券購入とも連動
  • 小田急がMaaSアプリで「ロマンスカー」特急券販売へ 複合経路検索や周遊券購入とも連動

小田急電鉄株式会社は、同社のMaaSアプリ「EMot (エモット)」で、特急ロマンスカーの特急券の販売を始めた。

「EMot」ホーム画面に新設した「特急券タブ」か、複合経路検索結果に表示される「照会・予約」ボタンから、事前登録したクレジットカード情報に基づいた特急券購入や空席確認後の座席指定や、列車の変更・払い戻しにも対応する。これまでは、経路検索結果から「e-Romancecar」サイトに移動し、必要情報を都度入力していた。「EMot」では、予約・購入済み特急券情報が一覧表示され、チケット管理が便利になるという。また、「EMot」で特急券と「デジタル箱根フリーパス」をあわせて購入可能になり、アプリの利便性が向上する。

《中島 丈晴》

編集部おすすめの記事

特集