モビリティの進化が未来を変える

レスポンス、CASE時代に向け2つの特集「ゼロカーボン」&「EV・PHEV」を開始

自動車総合ニュースサイト『レスポンス』(運営:イード)は、CASE時代の自動車、社会のあり方によりフォーカスした2つの特集コンテンツ、「ゼロカーボン特集」と「EV・PHEV特集」をスタートした。

ビジネス その他
レスポンス、CASE時代に向け2つの特集
  • レスポンス、CASE時代に向け2つの特集
  • 従来の「EV・PHEV特集」ページをブラッシュアップ
自動車総合ニュースサイト『レスポンス』(運営:イード)は、CASE時代の自動車、社会のあり方によりフォーカスした2つの特集コンテンツ、「ゼロカーボン特集」と「EV・PHEV特集」をスタートした。

2021年2月にアメリカがパリ協定に復活し、カーボンニュートラルや脱炭素社会への動きは決定的だ。欧州連合(EU)も、2035年までにガソリン/ディーゼルともにエンジン車の販売を禁止することを打ち出し、世界的に自動車の電動化が加速している。

日本におけるカーボンニュートラル実現に向けては、日本の総合産業ともいえる自動車産業が技術開発などで先導的な役割を担う旨を日本自動車工業会が会見で述べており、あらゆる産業や人々を巻き込んだ取り組みが期待されている。

また、持続可能な社会の実現に向け、世の中のSDGsやカーボンニュートラルの意識も高まっており、エンジン車からEV・PHEVへの移行は“流行り”ではなく”世の中のしくみ”として進んでいくと考えられる。

これらを背景に、レスポンスでは「ゼロカーボン特集」と「EV・PHEV特集」、2つの特集コンテンツを提供することで、EV・PHEVの購入を検討するユーザーへのサポート、さらには環境問題への意識向上や、自動車産業ひいては日本におけるカーボンニュートラル・脱炭素社会の実現を支援することをめざす。
《高木啓》

特集