モビリティの進化が未来を変える

【調査レポート】ADAS利用実態調査 【報告書】

mirai.Rseponseでは「ADAS利用実態調査 【報告書】」と題し、アンケート調査を実施、レポートを作成した。

調査レポート CASEレポート
【調査レポート】ADAS利用実態調査 【報告書】
  • 【調査レポート】ADAS利用実態調査 【報告書】
  • 【調査レポート】ADAS利用実態調査 【報告書】
  • 【調査レポート】ADAS利用実態調査 【報告書】
  • 【調査レポート】ADAS利用実態調査 【報告書】
  • 【調査レポート】ADAS利用実態調査 【報告書】

衝突被害軽減ブレーキについては2021年11月から国産新型車への搭載義務化となるなど、各自動車メーカーで導入が進むADAS(先進運転支援システム)。

今回、mirai.Responseでは「ADAS利用実態調査【報告書】」と題し、アンケート調査を実施、レポートを作成した。

本記事では当レポートの調査内容および一部の調査結果について紹介する。

レポートタイトル

ADAS利用実態調査 【報告書】

発刊日

2021年9月30日

ページ数

PDFファイルA4全32ページ

販売価格

165,000円(税込)※プレミアム会員は無料

調査目的

衝突被害被害軽減ブレーキや駐車支援機能をはじめ、「ADAS」と呼ばれる自動車の先進安全装備・機能の採用が進み、機能も多様化しつつある。一方で、それらの機能や装備は一般ユーザーに利用されているのか。また、そもそも認知され、クルマ選びの価値となっているのか。自動運転化社会に向けたステップとして先進安全装備・機能の需要性を捉えるべく、ADASの利用実態を調べた。

調査結果サマリ

「追従走行」以外のADASの装備・機能は半数以上の人が利用している

各装備・機能装着者に利用状況を聞いたところ、利用する計(ほぼ利用する+利用することのほうが多い)は「死角モニタリング」が最も多く、次いで「交通標識認識」、「ナイトビジョン/歩行者検知」の順となっている。「追従走行」以外の装備・機能は、半数以上が利用していると回答している。

ADASの機能は全体的に必要と感じている人が多い

各装備・機能装着者に必要性を聞いたところ、必要計(とても必要+必要)は、利用率と同様で「死角モニタリング」が9割以上を占め最も高い。次いで「ナイトビジョン/歩行者検知」、「衝突被害軽減ブレーキ」の順となっている。最も必要計の低い「交通標識認識」についても6割以上を占めており、ADASの機能を必要と感じている人は多い。

最も必要なのは「衝突被害軽減ブレーキ」

各装備・機能装着者に最も必要な機能を聞いたところ、「衝突被害軽減ブレーキ」が約6割を占め最も多く、次いで、「駐車支援」、「車線逸脱防止支援」の順となっている。

最も必要な機能の選択理由は、「安心感が得られるから」「気持ちに余裕ができるから」「運転が楽になるから」などが上位にあげられ、利便性、快適性よりいざという時の安心感が支持されている様子。

調査レポートのダウンロードおよび購入

プレミアム会員は以下から、調査レポートのダウンロードが可能です。
無料会員・シルバー会員につきましては購入が可能です。

《mirai.Response編集部》

特集