モビリティの進化が未来を変える

産総研・トヨタ・豊田中研、カーボンニュートラル実現に向け共同研究の検討開始

産業技術総合研究所(産総研)とトヨタ自動車、豊田中央研究所(豊田中研)は10月12日、エネルギー・環境領域における先端技術開発の加速と実用化に向けた共同研究の検討を開始したと発表した。

社会 環境
産業技術総合研究所(産総研)とトヨタ自動車、豊田中央研究所(豊田中研)は10月12日、エネルギー・環境領域における先端技術開発の加速と実用化に向けた共同研究の検討を開始したと発表した。

3者は「カーボンニュートラルの実現に貢献する」という強い意志を持って、CO2排出量削減の上で重要な役割を担うエネルギーに焦点を当て「地球にやさしく、いつまでも安心して使えるエネルギー」を社会で共有することを目指していく。

カーボンニュートラルとは「作る、運ぶ、使う。そしてリサイクルする。」という循環型社会における製品のライフサイクル全体で発生するCO2排出量を実質ゼロにすることだ。これを実現するためには、「どのようなエネルギーを、誰が、どこで、どのくらい、どのように使うか。」が重要なポイントになる。

各国・地域によってエネルギー事情が異なるため、CO2排出量をゼロにする選択肢はさまざま。3者は、一つのエネルギーや技術に絞るのではなく、一人ひとりの暮らしや一つひとつの企業活動に応じたさまざまなエネルギーや活用技術の選択肢を拡げる研究に取り組んでいく。具体的には、以下の4つの項目から共同研究の検討をしていく。

「カーボンニュートラルを実現するためのエネルギーシナリオの構築」では、産総研が開発したエネルギーモデルを用いて、将来のエネルギー関連技術の動向・エネルギー環境政策など社会情勢の変化がエネルギーの活用システムに与える影響を分析。クリーンエネルギーの消費見込み・新技術の導入・環境への負荷・コストなどカーボンニュートラルを実現するためのエネルギーシナリオを構築する。

「カーボンニュートラルと経済合理性を両立する街のエネルギーネットワークの構築」では、再生可能エネルギーを活用したカーボンニュートラルかつコストミニマムな街の最適なエネルギー構成、自動車開発で培った電動化技術を通じた良品廉価なエネルギーインフラを提案する。

「車載用高効率太陽光発電システムの開発」では、光エネルギーを電気エネルギーに変換する太陽光発電システムを搭載した電動車両の普及を目指し、太陽電池や太陽光発電システムの変換効率向上と低コスト化を追求する。

「水素を『作る、運ぶ、使う』ための要素技術の開発」では、水素社会の実現に向けて「水素を生成する技術」、「安全に低コストで運ぶ技術(水素キャリア)」、「水素をエネルギーとして使う技術」におけるさまざまな課題を解決するための要素技術の開発を行う。

産総研は国内最大級の国立研究機関であり、エネルギー・環境領域 福島再生可能エネルギー研究所やゼロエミッション国際共同研究センターを中心として、太陽光発電などの再生可能エネルギーや水素の製造・利活用などを含め、カーボンニュートラル実現に向けた最先端の研究を実施。トヨタと豊田中研は、カーボンニュートラルを実現する先進技術を早期に社会実装するためには、産官学連携が重要であると考えており、産総研との連携を模索していた。

今後、3者が連携することで、2050年カーボンニュートラルの実現に貢献するために多方面からさまざまな技術の可能性を探るとともに、新たなパートナーとの連携についてもオープンに検討し、共同研究の成果が社会で実装され普及し定着することを目指していく。
《纐纈敏也@DAYS》

特集