モビリティの進化が未来を変える

折りたためる近距離モビリティ「WHILL モデルF」発売、短期レンタルも開始

WHILL社は、軽量化を実現した折りたたみ可能な新型近距離モビリティ『WHILL モデルF』を11月1日より発売する。

テクノロジー その他
WHILL社は、軽量化を実現した折りたたみ可能な新型近距離モビリティ『WHILL モデルF』を11月1日より発売する。

WHILL モデルFは、フットペダルを支えてシートフレームパイプを上方向に引き上げた状態で、ロック解除ボタンを押すだけで折りたたみが完了。コンパクトになることで、スペースに制約のあるマンションなどでも収納しやすくなるほか、列車などの長距離移動の際の持ち込みがさらに容易となる。重さは約27kg(バッテリー込)、価格(非課税)は26万8000円。いずれも『WHILL モデルC2』の半分程度となっている。

また、11月1日からは同モデルを使った短期レンタルサービス「WHILL日額レンタル」も開始。3日から30日間のうち8つのレンタル日数から希望にあった期間を選べるほか、簡単な手続きで自宅やホテルなど指定の場所で受け取ることができる。料金(非課税、送料別)は1日あたり3840円。電動車椅子の規格に入るモビリティを販売するBtoCでの短期レンタルサービスは国内初となる。
《纐纈敏也@DAYS》

特集