モビリティの進化が未来を変える

埼工大が開発「渋沢栄一 論語の里 循環バス」、全長26kmのほぼ全区間を自動運転化

深谷観光バス株式会社と埼玉工業大学が営業運行中の「渋沢栄一 論語の里 循環バス」の自動運転の走行区間が約26kmに拡大した。

テクノロジー 自動運転
埼工大が開発「渋沢栄一 論語の里 循環バス」、全長26kmのほぼ全区間を自動運転化
  • 埼工大が開発「渋沢栄一 論語の里 循環バス」、全長26kmのほぼ全区間を自動運転化
  • 埼工大が開発「渋沢栄一 論語の里 循環バス」、全長26kmのほぼ全区間を自動運転化
  • 埼工大が開発「渋沢栄一 論語の里 循環バス」、全長26kmのほぼ全区間を自動運転化

深谷観光バス株式会社と埼玉工業大学が営業運行中の「渋沢栄一 論語の里 循環バス」の自動運転の走行区間が約26kmに拡大した。

この循環バスは、今年2月から放送されているNHK大河ドラマ「青天を衝け」に合わせ、渋沢栄一翁ゆかりの地「論語の里」を訪問する見学者のための足として、大河ドラマ「青天を衝け」深谷市推進協議会が協力し、産学官連携で運行している。

埼工大の自動運転バスは、日野レインボーをベースに、株式会社ミクニライフ&オートが技術協力して製造。長さ910センチ、幅:244センチ、高さ307センチ、定員58人乗り、5.19リッターディーゼル車で、「Autoware」を採用した自動運転の実証実験用車両です。「Autoware」により、複数のライダーやカメラの画像情報をAIで認識して、障害物を回避して走行することが出来るという。全国各地での実証実験を通じた豊富な経験とノウハウを活かし一般公道を法定速度で走行するのも特長で、システムによる自動運転とドライバーによる手動運転を即時にスムースに切り替えることで、交通の状況に応じて安全な走行ができる。走行中の自動運転車両は、埼玉工業大学が令和2年度埼玉県先端産業創造プロジェクトのスマートモビリティ実証補助事業として開発している。

運行開始当初は、埼工大が開発し、県内初の業務用車両として緑ナンバーを取得した自動運転マイクロバス「リエッセII」が区間限定の約8kmを自動運転。今年4月29日からは2台目となる全長9mの大型自動運転バス「レインボー」が、業務用車両として導入された。

その後、営業運行しながら開発を進め、自動運転可能な走行区間を順次延長。今回、開始時の約3倍となる26kmへ大幅延長し、始発の仲町バス発着所から、深谷駅周辺と旧中山道の一部を除く全区間で自動運転走行が可能となった。自動運転バスは土日、祝日に1日6便運行しており、立ち席客が出た場合や路上の歩行者とバスとの十分な距離がとれない場合、渋滞で運行ダイヤに大幅な遅延が発生した場合などには、自動運転から手動運転に切り替えて運行するしているという。

《中島 丈晴》

編集部おすすめの記事

特集