モビリティの進化が未来を変える

KINTO、期間を決めずに乗れる「解約金フリープラン」追加へ

KINTOは、クルマのサブスクリプションサービス「KINTO ONE」に支払い方法について、既存の「初期費用フリープラン」に加え、「解約金フリープラン」を設定し、12月14日より提供を開始する。

ビジネス 企業
2つのプランで選びやすくなった
  • 2つのプランで選びやすくなった
  • 解約金フリープランと初期費用フリープランの比較

KINTOは、クルマのサブスクリプションサービス「KINTO ONE」に支払い方法について、既存の「初期費用フリープラン」に加え、「解約金フリープラン」を設定し、12月14日より提供を開始する。

解約金フリープランでは、契約の際、月額利用料の約5か月分に相当する申込金を支払うことで、中途解約にかかる解約金がゼロとなる。既存の初期費用フリープランでは、中途解約の場合、残りの利用期間に応じた解約金を支払う必要があるが、新プランでは、これが不要となるため、ライフイベントを最優先に、より柔軟にクルマの利用期間を決めることができる。

また、初期費用フリープランでは契約時に設定した利用期間(3・5・7年から選択)の満了時、「クルマの返却」か「KINTOで新たなクルマの契約」のいずれかを選択するが、解約金フリープランでは利用期間を3年からスタートとする一方、満了時、月額利用料の約3か月分に相当する申込金を支払えば「再契約」も選択できる。再契約は2回までで同社規定の審査申込みが必要。1回あたりの利用期間は2年のため、最長7年の利用が可能となる。これにより、「利用するうちに、同じクルマにこのまま乗り続けたくなった」といった顧客ニーズにも応えていく。

解約金フリープランの月額利用料は、所定の申込金を支払うことで、当初設定する3年の利用期間中、初期費用フリープランに比べて、約10%安くなる。加えて、再契約の場合には、その都度、所定の申込金を支払うことで、3年の利用期間中と比較して、月額利用料は約15%、さらに、2回目の再契約の場合には約30%安くなるため、長く乗れば乗るほど、リーズナブルにクルマを利用できる。

KINTOにはこれまで、「期間に縛られず、その時々の状況に応じて、クルマの利用を途中でやめたい」「クルマを引き続き利用したい」といった声が多く寄せられていた。こうした多様なニーズに応えるため、解約金フリープランと初期費用フリープランの2つのプランから、支払い方を選択できるようにすることで、よりフレキシブルなサブスクサービスへの進化を目指していく。

《纐纈敏也@DAYS》

特集