モビリティの進化が未来を変える

都のEVバイクバッテリーシェア実証実験にヤマハが協力…PRイベントへも参加

ヤマハ発動機は、東京都が2021年12月中旬から2022年3月中旬まで板橋区周辺で実施するEVバイクのバッテリーシェア実証実験「イーライド東京」に車両貸与と安全講習の協力を行うと発表した。

テクノロジー 新エネルギー車
ヤマハ E-Vino(イービーノ)
  • ヤマハ E-Vino(イービーノ)
  • ヤマハの電動トライアルバイク「TY-E」(参考画像)
  • ヤマハ YPJ-MT Pro

ヤマハ発動機は、東京都が2021年12月中旬から2022年3月中旬まで板橋区周辺で実施するEVバイクのバッテリーシェア実証実験「イーライド東京」に車両貸与と安全講習の協力を行うと発表した。

また、同じく東京都が12月4日・5日に東京国際フォーラムで開催するEVバイクのPRイベント「EVバイクコレクション in TOKYO 2021」に展示車両や試乗用車両を提供するなど、EVバイクの普及に向けた活動に参加する。

イーライド東京は、脱炭素社会の実現に向け、東京都、板橋区、関連企業が連携し、都内で初めて実施するEVバイクのバッテリーシェアの実証実験。EVバイクを一般ユーザーや企業ユーザーが利用した際の環境構築の検証を目的としている。同社は、この実証実験に、国内で販売している電動スクーター『E-ビーノ』30台を貸与するとともに、一般モニターに対する安全講習の支援を行う。

また、EVバイクコレクションには、電動トライアルバイク『TY-E』、電動スクーター『E-ビーノ』、電動アシスト自転車『YPJ-MTプロ』を出展するとともに、試乗会向けにE-ビーノ5台を提供。このほか、全日本トライアル選手権で通算11回チャンピオンを獲得したトップライダー黒山健一選手によるTY-Eでのデモンストレーション走行も実施する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

特集