モビリティの進化が未来を変える

日本製鉄、商用車向けアルミホイールを紹介…ジャパントラックショー2022

日本製鉄)は、5月12日(木)~5月14日にパシフィコ横浜で開催されるトラック展示会「ジャパントラックショー2022」に出展すると発表した。

ビジネス 企業
ブースイメージ

日本製鉄は、5月12~5月14日にパシフィコ横浜で開催されるトラック展示会「ジャパントラックショー2022」に出展すると発表した。

ブースでは、同社のトラック・バス用アルミホイール「タフブライト」や商用車向けの補助ブレーキである永久磁石式リターダのカットモデルを展示する。

「タフブライト」は、同社の関西製鉄所製鋼所地区で材料の調達から鍛造・加工まで全ての工程を国内で行う「純国産」アルミホイール。独自開発の高強度なアルミニウム合金を使用し、鉄道車輪で培った技術やノウハウを活かした製品。一般的なアルミ材と比べて高強度、軽量で、積載量の増加や燃費向上によって物流コスト低減に寄与する。高熱伝導性によってタイヤやブレーキライニングが長持ちする。

また、補助ブレーキ装置の永久磁石式リターダは、長い下り坂で安全性が向上することに加え、フットブレーキの使用頻度が減ることによってブレーキライニングが長寿命化する。これに伴ってライニングから発生する摩耗粉塵量も削減できる。

《レスポンス編集部》

特集