モビリティの進化が未来を変える

最新記事(154ページ中2ページ目)

カーボンナノチューブ世界出荷量、電動化加速で2025年に1万トン突破…矢野経済研究所 画像
自動車産業

カーボンナノチューブ世界出荷量、電動化加速で2025年に1万トン突破…矢野経済研究所

矢野経済研究所は、カーボンナノチューブ(CNT)世界市場に関する調査を実施。世界出荷量は2025年に1万トンの大台突破を予測した。

米キャデラック初のEV、2022年春生産開始 航続は最大483km 画像
新エネルギー車

米キャデラック初のEV、2022年春生産開始 航続は最大483km

◆南半球のニュージーランドでの8月の耐寒テストが開発期間を短縮 ◆1回の充電での航続は最大483km ◆縦長LEDライトや33インチの大型スクリーン採用

アルプスアルパイン・人事情報 2021年11月28日付 画像
企業

アルプスアルパイン・人事情報 2021年11月28日付

アルプスアルパイン株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役 社長執行役員 CEO:栗山 年弘)は、2021年11月28日付人事異動について下記の通り発表しました。

湘南アイパークで自動運転車を用いた「ヘルスケアMaaS」の実証実験 画像
MaaSサービス

湘南アイパークで自動運転車を用いた「ヘルスケアMaaS」の実証実験

湘南鎌倉総合病院、湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)、三菱商事株式会社、三菱電機株式会社、株式会社マクニカは共同で2021年12月4日から、「ヘルスケアMaaS」の自動運転実証実験を湘南アイパークで実施する。

電気小型トラック『eキャンター』、寒冷地におけるEV配送の実証を札幌で開始 画像
新エネルギー車

電気小型トラック『eキャンター』、寒冷地におけるEV配送の実証を札幌で開始

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、北海道内でコープさっぽろが電気小型トラック『eキャンター』を用いた配送業務の初の実証を2022年に実施すると発表した。

大阪・関西万博会場内外の輸送に自動運転レベル4 2022年3月から実証実験 画像
自動運転

大阪・関西万博会場内外の輸送に自動運転レベル4 2022年3月から実証実験

大阪メトロは11月22日、2025年大阪・関西万博会場内外の輸送に自動運転レベル4を実現することを見据えた実証実験を2022年3月ごろから実施すると発表した。

『未来の東京』戦略、5Gユースケース創出へ東京都立大学が「街中実装パートナー」参画 画像
その他

『未来の東京』戦略、5Gユースケース創出へ東京都立大学が「街中実装パートナー」参画

東京都の「5G技術活用型開発等促進事業」に採択された株式会社サムライインキュベートが実施するアクセラレータープログラム「GO BEYOND DIMENSIONS TOKYO」で、東京都立大学が「街中実装パートナー」として参画する。

車両用外部照明、特許総合力トップは「小糸製作所」 パテントリザルト調べ 画像
自動車産業

車両用外部照明、特許総合力トップは「小糸製作所」 パテントリザルト調べ

パテント・リザルトは、日本の特許庁が1993年1月から2021年11月5日までに公開した「車両用外部照明関連技術」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果を特許・技術調査レポートにまとめた。

【トヨタ C+pod 試乗】満充電で150km走行、トヨタ超小型モビリティの実力は 画像
新エネルギー車

【トヨタ C+pod 試乗】満充電で150km走行、トヨタ超小型モビリティの実力は

昨年9月に出来た「超小型モビリティ・型式指定車」は、軽自動車の中に制定された新基準。その適合車第1号として昨年12月から限定販売されていた『C+pod(シー・ポッド)』が、2022年にいよいよ個人向けにも販売されることとなった。

物流クライシスを乗り越える「特積み」の可能性 画像
企業

物流クライシスを乗り越える「特積み」の可能性

2021年11月16日、「SIP地域物流ネットワーク化推進協議会」の設立総会が開催された。本協議会には、荷主や物流会社を中心に様々な企業が参画しており、その連携を通じて、地域物流における諸問題の解決を図ることを目的としている。

三菱ふそう、eモビリティやエコシステムの体験施設を川崎製作所内に開設 画像
企業

三菱ふそう、eモビリティやエコシステムの体験施設を川崎製作所内に開設

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、eモビリティとエコシステムのソリューションを体感できる「カスタマーエクスペリエンスセンター」を、川崎製作所(神奈川県川崎市)の敷地内にオープンした。

メルセデスベンツ、新型高性能モーターを2022年から生産へ…電動車を拡大 画像
新エネルギー車

メルセデスベンツ、新型高性能モーターを2022年から生産へ…電動車を拡大

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は11月18日、新開発の高性能モーターの生産を、2022年からドイツ・ベルリン工場で行うと発表した。

【セミナー見逃し配信】※プレミアム会員限定 医療MaaSの最前線 画像
モビリティセミナー

【セミナー見逃し配信】※プレミアム会員限定 医療MaaSの最前線

医療MaaSの最前線

軽EVトラック『エレモ-K』販売開始、最大航続距離120km…価格は249万7000円 画像
新エネルギー車

軽EVトラック『エレモ-K』販売開始、最大航続距離120km…価格は249万7000円

HWエレクトロ社は、輸入商用車として国内初となる軽規格の小型電気商用車『エレモ-K』の販売を開始した。価格は249万7000円。

CO2フリー水素を製造、ステーションに供給へ…北九州市で実証試験 画像
環境

CO2フリー水素を製造、ステーションに供給へ…北九州市で実証試験

IHIは、北九州パワー、北九州市、福岡県、福岡酸素、ENEOSとともに、ごみ発電を含む複数の再生可能エネルギーを同時制御してCO2フリー水素を製造する実証試験を11月25日から開始する。IHIが11月15日に発表した。

ドコモ、AIタクシー需要予測サービスを終了へ…配車アプリ普及で 画像
企業

ドコモ、AIタクシー需要予測サービスを終了へ…配車アプリ普及で

NTTドコモは11月16日、人工知能を活用、ドコモのリアルタイム移動需要予測技術で未来のタクシー乗車需要を予測するタクシー事業者向けサービス「AIタクシー」を、11月30日に新規受付終了し、2022年6月15日にサービスを終了すると発表した。

IoTセンサーを活用した自動車保険…イーデザイン損保が「&e」を発売 画像
コネクテッド

IoTセンサーを活用した自動車保険…イーデザイン損保が「&e」を発売

イーデザイン損保は11月18日、最新テクノロジーを活用して契約者に新たな体験を提供する新自動車保険『&e(アンディー)』を発売した。この保険で同社はIoTセンサーとスマートフォンを連携させることで事故低減を目指し、安全運転支援サービスとして提供していく。

ナビタイム、名鉄MaaSアプリに駅混雑情報・マルチモーダルルート検索など提供 画像
企業

ナビタイム、名鉄MaaSアプリに駅混雑情報・マルチモーダルルート検索など提供

株式会社ナビタイムジャパンは、名古屋鉄道株式会社が、2022年1月から観光型 MaaS実証実験で提供する「岡崎エリア版 MaaS アプリ(WEB 版)」に、駅混雑情報やマルチモーダルルート検索、地点検索機能を提供する。

前の車の速度は? スバル、アイサイトの画像データを使ったコンペ開催 画像
企業

前の車の速度は? スバル、アイサイトの画像データを使ったコンペ開催

SUBARU(スバル)は、AI開発拠点「スバルラボ」にて、データ分析コンペティション「スバル画像認識チャレンジ」を2021年11月19日から2022年1月31日まで実施する。

国内市販EVが多数並び、試乗も…日本EVフェスティバル2021 画像
新エネルギー車

国内市販EVが多数並び、試乗も…日本EVフェスティバル2021

11月20日、東京お台場にて「第27回日本EVフェスティバル」が開催された。会場には、国内で入手可能なEVモデルやEVカート、手作りEVなどが展示され、市販モデルの一部は試乗も可能だった。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 10
  9. 20
  10. 30
  11. 40
  12. 50
  13. 最後
Page 2 of 154