モビリティの進化が未来を変える

最新記事(145ページ中30ページ目)

日産、英国初の大規模バッテリー工場の建設に協力…新型EVに搭載へ 画像
新エネルギー車

日産、英国初の大規模バッテリー工場の建設に協力…新型EVに搭載へ

◆エネルギー密度を30%向上させた第5世代バッテリー ◆ゼロエミッション車をゼロエミッションで生産 ◆英ジョンソン首相「日産の発表はEV革命の重要な瞬間」

ボルボカーズ、EVの充電時間を半分にする急速充電技術を開発へ…2020年代半ばまでに 画像
新エネルギー車

ボルボカーズ、EVの充電時間を半分にする急速充電技術を開発へ…2020年代半ばまでに

ボルボカーズ(Volvo Cars)は6月30日、EVの充電時間を2020年代半ばまでに、現在のほぼ半分になる急速充電技術の開発に注力すると発表した。

三菱商事とマップルが「スマートシティ会津若松」で移動需要創出に向けた実証実験へ 画像
スマートシティ

三菱商事とマップルが「スマートシティ会津若松」で移動需要創出に向けた実証実験へ

三菱商事株式会社と株式会社昭文社ホールディングスの子会社・株式会社マップルが、福島県会津若松市が掲げるスマートシティで、一般財団法人会津若松観光ビューローの協力の下、地域の移動需要創出に向けた実証実験を始めた。

KDDIが「鉄道路線5G化」宣言…山手線と大阪環状線全駅がエリアに 2021年度末までにさらに拡大 画像
MaaSサービス

KDDIが「鉄道路線5G化」宣言…山手線と大阪環状線全駅がエリアに 2021年度末までにさらに拡大

KDDIは6月30日、山手線と大阪環状線全駅ホームで第5世代移動通信システム(5th Generation Mobile Communication System=5G)のネットワーク構築を同日に完了したと発表した。

スマートドライブとJVCケンウッド、法人向けAI搭載型ドライブレコーダーで連携 画像
企業

スマートドライブとJVCケンウッド、法人向けAI搭載型ドライブレコーダーで連携

モビリティデータ活用サービスを手掛ける株式会社スマートドライブと、テレマティクスサービス向けAI搭載通信型ドライブレコーダーを提供する株式会社JVCケンウッドは、ドライブレコーダー対応法人向けテレマティクスサービスプラットフォームを2021年8月から提供を始める。

日野 小木曽新社長就任「FCEVの競争は追い風になる」 画像
企業

日野 小木曽新社長就任「FCEVの競争は追い風になる」

日野自動車は7月2日、6月24日に就任した小木曽聡社長の記者会見をオンラインで行った。小木曽社長は冒頭、「1942年の創業から来年で80年となる。先人の志のこもったタスキを受け取る重さをひしひしと感じている」と語った。

【セミナー見逃し配信】※プレミアム会員限定 OEM各社にとっての北米EV市場とカナダの戦略 画像
CASEセミナー

【セミナー見逃し配信】※プレミアム会員限定 OEM各社にとっての北米EV市場とカナダの戦略

OEM各社にとっての北米EV市場とカナダの戦略

日産、三菱など5社、ダイナミックプライシング実用化へ…充電調整の実証事業開始 画像
自動車産業

日産、三菱など5社、ダイナミックプライシング実用化へ…充電調整の実証事業開始

日産自動車と三菱自動車、MCリテールエナジー、SBエナジー、REXEVの5社は、ダイナミックプライシング実用化に向けたEV・PHEV向け充電調整の実証事業を開始すると発表した。

ボルボカーズ、走行中の車からリアルタイムデータを収集へ…自動運転技術の開発を加速 画像
自動運転

ボルボカーズ、走行中の車からリアルタイムデータを収集へ…自動運転技術の開発を加速

ボルボカーズ(Volvo Cars)は6月30日、走行中の車からのリアルタイムデータを活用して、自動運転技術の開発を加速させると発表した。

レベル2以上の自動運転車、衝突事故の報告を義務付けへ…米運輸省 画像
政策

レベル2以上の自動運転車、衝突事故の報告を義務付けへ…米運輸省

米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)は6月29日、SAEレベル2の先進運転支援システム(ADAS)やSAEレベル3~5の自動運転システムを搭載した車両を製造した自動車メーカーなどに、衝突事故の報告を義務づけると発表した。

スズキ・人事情報 2021年7月1日付 画像
企業

スズキ・人事情報 2021年7月1日付

スズキ株式会社(本社:浜松市南区、代表取締役社長:鈴木 俊宏)は、2021年7月1日付の役員の委嘱の変更及び管理職の異動について下記の通り発表しました。

テスラとCATL、バッテリー供給契約を延長…2025年12月まで 画像
新エネルギー車

テスラとCATL、バッテリー供給契約を延長…2025年12月まで

CATL(コンテンポラリー・アンペレックス・テクノロジー社=寧徳時代新能源科技)は6月28日、テスラとのバッテリー供給契約を延長すると発表した。

ボルボカーズ、『XC90』後継車をEVで提案…新デザイン言語を導入 画像
新エネルギー車

ボルボカーズ、『XC90』後継車をEVで提案…新デザイン言語を導入

◆EV専用プラットフォームによるフラットフロア ◆伝統的なフロントグリルは盾のような構造に変更 ◆大型の15インチタッチディスプレイ ◆自動運転用のLiDARセンサーをルーフに組み込む

アイシン、高度運転支援技術向けにドライバーモニターなど開発…新型LS/MIRAI搭載 画像
自動運転

アイシン、高度運転支援技術向けにドライバーモニターなど開発…新型LS/MIRAI搭載

アイシンが開発したドライバーモニターシステムとナビゲーションシステム&高精度地図が、高度運転支援技術「アドバンストドライブ」向け商品としてトヨタ『MIRAI』およびレクサス新型『LS』に採用された。

日本電産・人事情報 2021年7月1日付 画像
企業

日本電産・人事情報 2021年7月1日付

日本電産株式会社(本社:京都市南区、代表取締役社長執行役員:関 潤)は、2021年7月1日付の人事異動について下記の通り発表しました。

三菱自動車工業・人事情報 2021年7月1日付 画像
企業

三菱自動車工業・人事情報 2021年7月1日付

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、取締役 代表執行役社長 兼 最高経営責任者:加藤 隆雄)は、2021年7月1日付の人事異動について下記の通り発表しました。

呼べばすぐ来るエリア定額乗り放題、京丹後市でスタート…ウィラー 画像
MaaSサービス

呼べばすぐ来るエリア定額乗り放題、京丹後市でスタート…ウィラー

ウィラーは6月30日、自宅から2km圏内が月額定額料金で家族みんな乗り放題になるAIシェアリングモビリティサービス「mobi(モビ)」を京都府京丹後市で開始した。

物流DXによる産業の革新(後編) 画像
会員限定

物流DXによる産業の革新(後編)

物流を取り巻く事業環境は、今、まさに歴史的転換期を迎えつつある。これから先の四半世紀の間に、世界の仕組みは大きく変わるはずだ。

阿佐海岸鉄道のDMV、運行開始を延期…オリパラ前から年内に 画像
MaaSサービス

阿佐海岸鉄道のDMV、運行開始を延期…オリパラ前から年内に

軌道と道路の両方を走行する「デュアル・モード・ビークル」(Dual Mode Vehicle=DMV)の導入へ向け準備を進めている阿佐海岸鉄道は6月29日、DMVの営業運行開始を延期すると発表した。

BMWの電動化戦略…2025年までにBEV累計200万台は実現可能か? 画像
新エネルギー車

BMWの電動化戦略…2025年までにBEV累計200万台は実現可能か?

各社の電動化ロードマップの発表やアナウンスを耳にすることが多くなっている。BMWも30日、「BMWのサスティナビリティおよび先端テクノロジーへの取り組み関する説明会」と題するプレスカンファレンスを開催した。

  1. 先頭
  2. 10
  3. 20
  4. 25
  5. 26
  6. 27
  7. 28
  8. 29
  9. 30
  10. 31
  11. 32
  12. 33
  13. 34
  14. 35
  15. 40
  16. 50
  17. 最後
Page 30 of 145