モビリティの進化が未来を変える

ビジネス「会員限定」の記事一覧

【ベンガルール通信 その9】“自転車文化”背景に、「シェアサイクル」が欠かせない存在に 画像
会員限定

【ベンガルール通信 その9】“自転車文化”背景に、「シェアサイクル」が欠かせない存在に

道が広くなり往来が増えるのと相前後して最近、目に見えて自転車も増えている。特に週末、老舗の朝食スポットには、見本市さながらにカラフルな車両が並ぶ。

パンデミック後のシェアモビリティ市場を形作るロードマップと戦略 画像
会員限定

パンデミック後のシェアモビリティ市場を形作るロードマップと戦略

新たな戦略、ビジネスのイノベーション、最新テクノロジーがシェアモビリティを促進することが期待される。2020年には3059.2億ドルだったその市場規模が2021年はおよそ2倍の6088.86億ドルになると予測される。

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】CASE時代の自動車におけるサイバーセキュリティの6つの要諦 画像
会員限定

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】CASE時代の自動車におけるサイバーセキュリティの6つの要諦

前回まで5回にわたり、自動車開発プロセスの変化や国内メーカーの課題と解決策、またビジネスプラットフォームとしてのクルマの潜在能力や社会にもたらす価値について解説してきた。最終回となる今回は「自動車セキュリティ」の領域について紹介したい。

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第7回 多様なマイクロモビリティとその動向 画像
会員限定

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第7回 多様なマイクロモビリティとその動向

本連載では、これまで小型EV、自転車、電動キックボードにおける現状や普及に向けた課題等を取り上げてきました。今回は少し趣向を変え、これまで取り上げてきたモビリティとは異なる、かつ本連載におけるマイクロモビリティの定義に該当する多様なモビリティを紹介します。

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年8月4週目 画像
会員限定

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年8月4週目

mirai.Response編集部注目の5大記事&プレイヤー

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】移動手段から、社会課題解決やビジネス創造の起点へ 画像
会員限定

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】移動手段から、社会課題解決やビジネス創造の起点へ

前回は、コネクティッドプラットフォームとしてのクルマの将来性と、国産完成車メーカーがとるべき戦略について論じた。今回は、一般道をレベル5対応の完全自動運転車が走るようになると、社会や人々の暮らしはどのように変わっていくか話したい。

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年8月3週目 画像
会員限定

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年8月3週目

mirai.Response編集部注目の5大記事&プレイヤー

【車内空間での体験価値の大進化】車載コンテンツの高度化、「制御」がもたらす新たな可能性 画像
会員限定

【車内空間での体験価値の大進化】車載コンテンツの高度化、「制御」がもたらす新たな可能性

車窓へのAR表示をはじめ今後の車載コンテンツは表現のしかたが豊かになる。合わせて、表現するタイミングの制御が重要になる。車両への各種センサの搭載やクラウド連携によって制御が高度化する。制御のしかたに、車内空間進化のフロンティアがある。

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年8月1週目 画像
会員限定

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年8月1週目

mirai.Response編集部注目の5大記事&プレイヤー

世界の自動車アフターマーケットの成長を形作る5つの主な動向 画像
会員限定

世界の自動車アフターマーケットの成長を形作る5つの主な動向

Eリテール、カスタマージャーニーのデジタル化、増加するEV販売が、アフターマーケットにおける新たな成長機会を切り開く。

【ベンガルール通信 その8】新世代の経営スタイル「SNS連動型メーカー経営」とは 画像
会員限定

【ベンガルール通信 その8】新世代の経営スタイル「SNS連動型メーカー経営」とは

南インドよりナマスカーラ!

VW、BMWに制裁金、ディーゼル車の排ガス浄化装置でカルテル認定…環境分野における共同行為に対する競争法の執行 画像
会員限定

VW、BMWに制裁金、ディーゼル車の排ガス浄化装置でカルテル認定…環境分野における共同行為に対する競争法の執行

欧州委員会は、2021年7月8日、ダイムラー、BMW、及びフォルクスワーゲングループ(以下「VW」)が、ディーゼルエンジン乗用車の排ガス浄化技術に関するカルテルを行っていたとして、カルテルを自主申告したダイムラーを除く、BMW及びVWに対する制裁金支払命令を発出した。

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】クルマが売り切りビジネスから脱却するために必要なこと 画像
会員限定

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】クルマが売り切りビジネスから脱却するために必要なこと

前回まで3回にわたり、自動車開発におけるソフトウエアの重要性が高まったことによる開発プロセスの変化と、その変化に対応しきれない日本の自動車メーカーの課題を指摘。その解決に向けた方策について論じてきた。

C.A.S.E.の融合が迫るなか、新たなプラットフォーム・アーキテクチャ戦略を熟考する自動車メーカー 画像
会員限定

C.A.S.E.の融合が迫るなか、新たなプラットフォーム・アーキテクチャ戦略を熟考する自動車メーカー

フロスト&サリバンは、従来型プラットフォーム、マルチエネルギー・プラットフォーム(MEP)、EVプラットフォームの3つの異なるプラットフォームの存在を特定した。

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第6回 電動キックボードの進化と発展にみるマイクロモビリティの今後 画像
会員限定

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第6回 電動キックボードの進化と発展にみるマイクロモビリティの今後

本シリーズの第3回において電動キックボードについて概観しましたが、今回は特に欧米に的を絞り、電動キックボードの技術的進化と「産業化」に向けた動きや公共交通を補完するものとしての発展可能性について考察します。

物流DXによる産業の革新(後編) 画像
会員限定

物流DXによる産業の革新(後編)

物流を取り巻く事業環境は、今、まさに歴史的転換期を迎えつつある。これから先の四半世紀の間に、世界の仕組みは大きく変わるはずだ。

物流DXによる産業の革新(前編) 画像
会員限定

物流DXによる産業の革新(前編)

2021年6月15日、政府は2025年度までの物流施策の指針を定めた「総合物流施策大綱」を閣議決定した。その最たる特徴は、今後の物流が目指すべき方向性として、「物流DXの推進」を第一に掲げたことだ。

CASE革命とスマートシティ、次世代モビリティの市場展望(後編) 画像
会員限定

CASE革命とスマートシティ、次世代モビリティの市場展望(後編)

移動サービスと自動車産業の未来

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第5回 進化する自転車が拡張するマイクロモビリティ(後編) 画像
会員限定

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第5回 進化する自転車が拡張するマイクロモビリティ(後編)

脱炭素と密回避時代の有力なモビリティとして世界的な需要が高まっている自転車について、本連載でも2回にわたり取り上げます。後編となる今回は、e-bikeをはじめとする電動自転車と、自転車が普及していく上での課題を中心に解説します。

CASE革命とスマートシティ、次世代モビリティの市場展望(前編) 画像
会員限定

CASE革命とスマートシティ、次世代モビリティの市場展望(前編)

今回は、次世代モビリティの市場展望とCASE革命の最終章として、S:シェアリング&サービスについて深掘りをしつつ、「自動車メーカーが都市開発!?」一見領域外に思えるこの取り組みの必然性について考察してみたい。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Page 1 of 5