モビリティの進化が未来を変える

ビジネス「会員限定」の記事一覧(5ページ中2ページ目)

CASE革命とスマートシティ、次世代モビリティの市場展望(後編) 画像
会員限定

CASE革命とスマートシティ、次世代モビリティの市場展望(後編)

移動サービスと自動車産業の未来

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第5回 進化する自転車が拡張するマイクロモビリティ(後編) 画像
会員限定

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第5回 進化する自転車が拡張するマイクロモビリティ(後編)

脱炭素と密回避時代の有力なモビリティとして世界的な需要が高まっている自転車について、本連載でも2回にわたり取り上げます。後編となる今回は、e-bikeをはじめとする電動自転車と、自転車が普及していく上での課題を中心に解説します。

CASE革命とスマートシティ、次世代モビリティの市場展望(前編) 画像
会員限定

CASE革命とスマートシティ、次世代モビリティの市場展望(前編)

今回は、次世代モビリティの市場展望とCASE革命の最終章として、S:シェアリング&サービスについて深掘りをしつつ、「自動車メーカーが都市開発!?」一見領域外に思えるこの取り組みの必然性について考察してみたい。

【ベンガルール通信 その6】目に映る景色とその「背景」 画像
会員限定

【ベンガルール通信 その6】目に映る景色とその「背景」

2021年6月初旬の本稿執筆時現在、インドは引き続き全土的なロックダウン中。一時は連日、40万人超の新規感染者が報じられ、日本でも大いに話のネタにされていた模様。本気の心配か興味本位か、各所から見舞いの連絡も相次いだ。

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】いま必要なのは現状認識とトップの決断。日系メーカーに残された切り札とは? 画像
会員限定

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】いま必要なのは現状認識とトップの決断。日系メーカーに残された切り札とは?

自動車開発の“主戦場”は、やがてハードウエアからソフトウエアに移る。もちろん遠い未来の話ではない。すでに起こりはじめている「いま」の話だ。

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第4回 進化する自転車が拡張するマイクロモビリティ(前編) 画像
会員限定

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】第4回 進化する自転車が拡張するマイクロモビリティ(前編)

脱炭素と密回避時代の有力なモビリティとして世界的な需要が高まっている自転車について、本連載でも2回にわたり取り上げます。前編となる今回は、ハイエンドかつハイテク化が進む自転車が我々の移動にどのような影響を及ぼすのか、世界の事例とともに紹介します。

CASE革命と自動運転(後編) 画像
会員限定

CASE革命と自動運転(後編)

昨年来コロナ禍の影響を受け、世界の半導体市場における需給バランスが崩れている。また、半導体大手ルネサスエレクトロニクスの工場火災が、自動車産業における今般の半導体不足に拍車をかけた。

EV普及のトリガーとは? ”環境に良い”だけでは人は動かない 画像
会員限定

EV普及のトリガーとは? ”環境に良い”だけでは人は動かない

EV普及のトリガーは、「いかにユーザーに実利をもたらすか?」であり、今回は太陽光発電システムをベンチマーキングし、「環境価値の可視化」「金融スキームの構築」という2つの観点から、国内市場におけるEV普及のポイントについて考察した

ロジスティクスプラットフォーマーによる物流の最適化 画像
会員限定

ロジスティクスプラットフォーマーによる物流の最適化

ロジスティクスプラットフォーマーの出現は、物流を真にインフラ化する。荷主企業は物流管理から解放されるだけではなく、全体最適の実現による物流費の低減も図れる。それは、インターネットの普及に勝るとも劣らぬインパクトを産業界にもたらすはずである。

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】 第3回 日本でも動き始めた電動キックボードの世界 画像
会員限定

【マイクロモビリティ ~ 知っておきたい、世界の大きな1マイル革命~】 第3回 日本でも動き始めた電動キックボードの世界

日本での注目度が高まる電動キックボードについて、既に導入が進んでいる欧米先進国と、これから導入に向けた日本の動向について解説します。

“MaaS”はなぜ儲からないのか? 画像
会員限定

“MaaS”はなぜ儲からないのか?

MaaSのマネタイズのポイントとは? 1つの可能性は「移動」×「まちづくり」×「生活/暮らし」の共創。

2021年2月の世界EV/PHEV販売ランキング - テスラが首位復帰 BYDが4位にジャンプアップ 画像
会員限定

2021年2月の世界EV/PHEV販売ランキング - テスラが首位復帰 BYDが4位にジャンプアップ

2021年2月の世界EV/PHEV販売ランキングは、テスラ『モデル3』が2万8014台で首位に返り咲いた。先月1位の上汽通用五菱(SGMW)『宏光MINI EV』は2位となり、1位と2位が逆転する結果となった。

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】日本の完成車メーカーが直面する真の課題 画像
会員限定

【次世代モビリティに向けた変革のススメ】日本の完成車メーカーが直面する真の課題

本連載では、CASE(コネクティッド化、自動運転化、シェアリング/サービス化、電動化)へと舵を切った自動車業界が抱える課題とその先に待ち構える未来について、自動車産業領域を担当するアクセンチュアのスペシャリストたちが語る。

NIOが今年第一四半期で納車2万台超 - 前年比4倍以上のハイペースで推移 画像
会員限定

NIOが今年第一四半期で納車2万台超 - 前年比4倍以上のハイペースで推移

NIOは2021年の3月度および第一四半期の業績を発表、3月は7257台の車両を納車し、前年比で373%増加という結果を残した。

【ベンガルール通信 その4】 どこまでが「ルール」か? 画像
会員限定

【ベンガルール通信 その4】 どこまでが「ルール」か?

インド全土が完全ロックダウンに入った2020年3月25日から丸1年が過ぎ、ベンガルールは街ゆく人々のマスク姿以外はすっかり元通りの賑わい・交通量に戻っている。

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年4月1週目 画像
会員限定

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年4月1週目

mirai.Response編集部注目の5大記事&プレイヤー

シャオミがEV事業に参入 初期投資は1600億円 10年で1兆円超の投資を計画 画像
会員限定

シャオミがEV事業に参入 初期投資は1600億円 10年で1兆円超の投資を計画

シャオミはスマートEV事業への参入を発表した。初期投資額は100億人民元(約1600億円)にのぼる。またシャオミは今後10年間で100億米ドル(1兆数百憶円)を投資する計画で、雷軍氏はこの事業の最高経営責任者を兼務する。

CASE時代の自動車サプライチェーン(後編) 画像
会員限定

CASE時代の自動車サプライチェーン(後編)

自動車の調達・生産プロセスは車体構造の変化だけに影響を受けるわけではない。シェアリングによる使い方の変化にも注視すべきである。

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年3月5週目 画像
会員限定

編集部が今週注目した5大記事&プレイヤー 21年3月5週目

mirai.Response編集部注目の5大記事&プレイヤー

CASE時代の自動車サプライチェーン(前編) 画像
会員限定

CASE時代の自動車サプライチェーン(前編)

2021年3月24日、いすゞ自動車、日野自動車、トヨタ自動車の3社は、商用事業において新たな協業に取り組むことを発表した。商用車領域でCASE革命を加速させるための大同団結といっても過言ではないだろう。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Page 2 of 5