モビリティの進化が未来を変える

ビジネス「会員限定」の記事一覧(5ページ中5ページ目)

‎ムーヴィット、イスラエルで公共交通機関MaaSサービスを開始‎ 画像
会員限定

‎ムーヴィット、イスラエルで公共交通機関MaaSサービスを開始‎

2021年2月1日より、Moovit(ムーヴィット)アプリを介してイスラエル鉄道とハイファの地下鉄(カルメリート)の利用が可能になった。

【ダウンロードページ】 ※プレミアム会員限定 スマートシティレポート (ヘルシンキ編) 画像
会員限定

【ダウンロードページ】 ※プレミアム会員限定 スマートシティレポート (ヘルシンキ編)

スマートシティレポート (ヘルシンキ編)ダウンロードページです。

企業ガイド:東風汽車集団有限公司(Dongfeng Motor Corporation)【中国モビリティ・ウォッチ】 画像
会員限定

企業ガイド:東風汽車集団有限公司(Dongfeng Motor Corporation)【中国モビリティ・ウォッチ】

東風汽車集団有限公司(Dongfeng Motor Corporation」以下東風汽車)は、中国国営の超大型自動車製造企業で、本社は湖北省の武漢にあり、総資産は3,256億元(約5.296兆円)、従業員数は16万人以上。

バッテリー交換式EVスクーター市場が成長見込み - 北米・中国・インドで人気 画像
会員限定

バッテリー交換式EVスクーター市場が成長見込み - 北米・中国・インドで人気

2021年1月29日、ResearchAndMarkets.comは、バッテリー交換式の小型EVの市場分析レポートを発表した。サービスタイプ、バッテリータイプ、車両タイプに関して、2030年までの世界の産業分析と成長を予測したレポートだ。

企業ガイド-中国第一汽車集団有限公司(China FAW Group Co.,Ltd)【中国モビリティ・ウォッチ】 画像
会員限定

企業ガイド-中国第一汽車集団有限公司(China FAW Group Co.,Ltd)【中国モビリティ・ウォッチ】

第一汽車グループ有限会社(China FAW Group Co.,Ltd 以下第一汽車)は中国国営企業の一つとして1953年7月15日に設立。

中国の新エネルギー車に対する政策変化、現状と近未来予測【中国モビリティ・ウォッチ】 画像
会員限定

中国の新エネルギー車に対する政策変化、現状と近未来予測【中国モビリティ・ウォッチ】

中国の新エネルギー車の開発は中国政府の優遇政策によって推進されていると言っても過言ではない。中国側が新エネルギー車の開発を後押ししたことにはさまざまな要因があると思われているが、主に以下の三つ要因ではないかと考えられる。

企業ガイド-上海汽车集团股份有限公司(Shanghai Automotive Group Co.、Ltd)【中国モビリティ・ウォッチ】 画像
会員限定

企業ガイド-上海汽车集团股份有限公司(Shanghai Automotive Group Co.、Ltd)【中国モビリティ・ウォッチ】

上海汽车集团股份有限公司(Shanghai Automotive Group Co.、Ltd)は中国国内において国営大手の自動車製造企業で、上海証券取引所の上場企業でもある。

モスクワ公共交通のチケットシステムは、年内に新システムに移行完了予定 画像
会員限定

モスクワ公共交通のチケットシステムは、年内に新システムに移行完了予定

モスクワの公共交通機関で使用されるチケットシステムが、2021年末にはすべて新しいものに移行される見込みだという。

ロンドンが2020年末までのEV充急速電スポット設置目標を達成 画像
会員限定

ロンドンが2020年末までのEV充急速電スポット設置目標を達成

ロンドンは、2020年末までにロンドン全域に300台のEV急速充電スポットを設置するという目標を達成し、合計で約600台に達した。

CATLが新たなバッテリー技術関連子会社を半月内で3社設立 画像
会員限定

CATLが新たなバッテリー技術関連子会社を半月内で3社設立

中国の電力電池大手であるCATL(寧徳時代新能源科技)は、2020年12月末から翌1月14日までの半月間でバッテリー技術関連子会社を3社設立した。

吉利オートとテンセントがデジタル化、自動運転、脱炭素化などで提携 画像
会員限定

吉利オートとテンセントがデジタル化、自動運転、脱炭素化などで提携

吉利汽車とテンセントは1月19日、デジタル化、インテリジェントコックピット、自動運転、低炭素開発などのビジネスを共同開発するための新しい戦略的パートナーシップを築いた。

ヘルシンキ、スマートシティ・イノベーション・プロジェクトを新地区に拡大 画像
会員限定

ヘルシンキ、スマートシティ・イノベーション・プロジェクトを新地区に拡大

「ヘルシンキ・イノベーション・ディストリクト・プロジェクト」の対象範囲がマルミ地区、パシラ地区、メルンキラ地区、マルミンカルターノ・カネルマキ地区にも拡大。

ファーウェイ、96のスキャンラインを備えた中長距離LiDARを発表 画像
会員限定

ファーウェイ、96のスキャンラインを備えた中長距離LiDARを発表

ファーウェイは96のスキャンラインを備えた新型LiDARを発表し、ARCFOXの最新車種「HBT」に搭載予定だとする。

ストロボ、自動運転やMaaSなど自動車関連を専門の「モビリティ領域特化型オウンドメディア・コンテンツ制作サービス」を開始 「自動運転ラボ」の運営で得た知見・体制で対応 画像
会員限定

ストロボ、自動運転やMaaSなど自動車関連を専門の「モビリティ領域特化型オウンドメディア・コンテンツ制作サービス」を開始 「自動運転ラボ」の運営で得た知見・体制で対応

株式会社ストロボが、自動車業界や先進モビリティに関する企業のオウンドメディアの立ち上げや運用を支援する「モビリティ領域特化型オウンドメディア・コンテンツ制作サービス」を開始する。

ロサンゼルス市が「アーバン・エアモビリティ・プログラム」を開始 画像
会員限定

ロサンゼルス市が「アーバン・エアモビリティ・プログラム」を開始

ロサンゼルス市は、都市の空域の未来を形作るのに役立つ「アーバン・エアモビリティ・プログラム」という1年間のプログラムを発表した

アップルは次世代のバッテリー技術で2024年までに自動車生産を開始するだろうと見られる 画像
会員限定

アップルは次世代のバッテリー技術で2024年までに自動車生産を開始するだろうと見られる

アップルは現在も自動運転車技術の開発を進めており、2024年を目標に、独自のバッテリー技術を搭載した乗用車を製造することを目標としていると言われる

国家戦略としての物流DX 画像
会員限定

国家戦略としての物流DX

2020年12月22日、「2020年代の総合物流施策大綱に関する検討会」の最終となる第7回検討会が開催された。そこで取りまとめられた提言をもとに、2021年3月末までに次期「総合物流施策大綱」が閣議決定される予定である。

路肩に関する新たなオープンデータ標準規格の立ち上げに向けたワーキンググループが発足 画像
会員限定

路肩に関する新たなオープンデータ標準規格の立ち上げに向けたワーキンググループが発足

都市主導の非営利団体であるオープンモビリティ財団(OMF)は、世界初となる沿道を管理するワーキンググループの結成を発表した

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Page 5 of 5